プーさんの映画・映画

★きみがくれた未来★
出演:ザック・エフロン、アマンダ・クルー、キム・ベイシンガー(2010米)
キム・ベイシンガーが出演となっていたが、チャーリーと弟サムの母親役でチョイ役でした。
この映画は、固い絆で結ばれた弟を亡くし、苦悩する青年チャーリー(ザック・エフロン)が弟の
ゴーストと出会い、自らの人生を見つめ直す姿が描かれています。
サム役にはチャーリー・ターハン、ヨットレースのライバルだった高校時代の同級生テス役には
アマンダ・クルーと私が知らない俳優ばかりでしたが、何故か最近の映画はゴースト物や霊的
現象物、タイムスリップものが多いようです。
それでも最後まで飛ばすことなく見れたので、ラブ・ファンタジー物語としては及第点の60点
が妥当でしょうか。

★ヒア・アフター(Hereafter)★
監督:クリント・イーストウッド/出演:セシル・ドゥ・フランス、 ジェイ・モーア、マット・デイモン(2010米)

東北大震災後に公開予定のはずでしたが、津波の惨事もあり生々しいスマトラ沖地震を題材にした
この映画は落ち着くまで見ないと決めていて、ようやく観てみました。
最初の津波シーンを見て途中で止めた映画でしたが、内容は霊死体験をしたフランスのジャーナリスト
(セシル・ドゥ・フランス)とイギリスで交通事故で双子の兄を亡くした弟マーカスの兄と会いたい想い。
そしてかって霊能者として活躍をしていたジョージ(マット・デイモン)が導かれるように、ロンドンで出会い
そして・・・という、なかなか構成がしっかりとした秀作でした。
さすが監督として名作を作って来たクリント・イーストウッドと言えます。私の好みのマット・デイモンが
出ていたということもあり点数は87点としました。

★アイ・アム・ナンバー4★
主演のアレックス・ペティファー・・やっぱりこの俳優さんも知らないんです(汗)
SF映画としてはX-MENがまだ面白いかもです。
潜在的な特殊能力を持ち、その能力にも自らの使命にも気づかぬまま、何者かに命を狙われ
逃亡者として生きる孤独な9人。
アメリカの田舎町でジョン・スミスという名で暮らす青年のパワーが覚醒した時、彼は見えざる
敵から逃げるのをやめ、戦う決意をするという話。(@ぴあ映画から)
残念ながら評価は53点。3点は配した女優がなかなか可愛いいからです。


スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

今年前半のおもしろ洋画

8月20日公開された中・米合作映画「シャンハイ」は渡辺謙と菊池凛子が出演し結構話題をふりまいたに関わらず、100点満点なら65点。
内容は真珠湾攻撃前夜の日米中入り乱れてのスパイ映画と言えるのでしょうが中・米映画ということもあり、南京虐殺を肯定し上海租界でも日本兵がむやみやたらと銃を乱射し虐殺をするなど、史実とは違うピント外れの映画にがっかりでした。

主演のジョン・キューザックはまぁまぁでしたが、もう一人の主役コーン・リーはイマイチ。
結婚をしたせいなのかは分かりませんが、以前の輝きはどんどん薄れている感は否めず。
渡辺謙は今回も敵役でしたが、バットマンビギンズ(2005年)のケン・ワタナベとどうしてもダブってしまい、脚本を読んで引き受けたというコメントも・・・ウ〜ンとうなるしか。
菊池凛子のシーンは、ラスト近くでようやく存在感を発揮するも、あらすじが良くわからずやっぱり見終わったら「よくワカラン」という映画でした。
まぁコーンリーの夫役チョウ・ヨンファが頑張ったので5点プラスの65点となった次第です。

今年は注目の映画が少なく、「これは絶対にオススメ作品」というのがないのでちょっと寂しいのですが、その中でも佳作と思われる作品を紹介しておきます。


映画『ラビット・ホール』 - シネマトゥデイ

多分11月に公開されるんじゃないかと思いますが、ニコール・キッドマン主演のヒューマンドラマです。
交通事故で我が子を失った母親と、その事故で命を奪ったティーンエイジャーの少年との物語。
「オーストラリア」以降映画出演のなかった彼女としての作品ですが、けっこうジ〜ンと来る映画です。
2007年のマーゴット・ウェディングでは、良い味を出しながらも日本未公開映画となり。
(マァマァいい映画だったんですけど)
オーストラリアで見事に復活をした二コールとしては、渾身の作品かも。




theme : 映画感想
genre : 映画

プロヴァンスの贈りもの-A Good Year-




 最近見て良かった映画(DVD) [A GOOD YEAR(原題)]

邦題は「プロヴァンスの贈りもの」(2008年に公開)。A GOOD YEARはワイン作りにおける当たり年の意味とか。
出演はラッセル・クロウ、マリオン・コティヤール、アビー・コーニッシュなどなど、美人の仏女優が大好きな私としてはマリオン・コティヤールにうっとり 

それに豪州出身のアビー・コニッシュのお尻にも
ただし、お尻云々は映画の中でトム・ホランダーがいうセリフ・・「いい尻だ・・」と



マリオン・コティヤール(ファニー・シュナル役)。

TAXI1 TAXI2(仏)に出演。


エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜(仏)では、第80回アカデーミー主演女優賞を獲得。

パブリック・エミネーズではジョニー・ディップと共演。話題のインセプションにもモル役で出演。





アビー・コーニッシュ(クリスティ・ロバーツ 役)。
オーストラリア出身の彼女は、この作品でハリウッドデビューを果たす。

翌2007年エリザベス:ゴールデン・エイジに出演。

ストップ・ロス/戦火の逃亡者でライアン・フィリップと共演
(この映画は見ましたが、私の評価では★★★☆☆と言ったところ)

一時は、R・フィリップとの親密なる交際がバレて、彼の離婚の原因とも。
現在は別れて、ジョシュ・ハートネットとの噂が・・。



監督は今年12月公開予定の「ロビン・フッド」で再度ラッセル・クロウと組むことになったりドリー・スコット。
過去には「グラディエータ」でラッセルを起用しています。
私的には彼の作品では「ハンニバル」、「ワールド・オブ・ライズ」(R・ディカプリオ、ラッセル・クロウ)が
好きですが・・・。




この映画のあらすじは、ロンドンの敏腕トレーダーとして活躍しているマックス(R・クロウ)のもとに南フランスのプロバンスに住んでいたヘンリー叔父さん(アルバート・フィニー)が亡くなったとの知らせが・・。
その遺産を受け継ぐことになったマックスが、叔父の経営していたブドウ園を訪れると・・。



地理に多少強い私も「プロバンス地方」は南フランスにあるという認識はあっても、それはどのあたり?
と問われたなら・・あやふやである
ニース?マルセイユ?の近くか、それとも映画祭で有名なカンヌの・・・調べてみると、おおよそ正解
これを読んで分からなかった人も、地図検索をすれば、「な〜んだこの辺りなのか」と・・・。





映画はコミカルさを含んだヒューマンドラマとして、ラストは・・めでたしめでたしだが、ゆったりとした南仏の自然とワイン作りの魅力を十分に含んだ作品。
観る人には、疲れ切った心にゆとりを与えてくれるでしょう。


ただ残念なのは、ラッセル・クロウとマリオン・コティヤールのオスカー俳優同士のカラミが、とてもあっさりとしたものになっていること



でもこんなシーンもあるから許せます

海角七号 君想う、国境の南

あまり映画について書くな〜というコメントもあるのだが、今回書くのはブログでは

初めての台湾映画。

今春封切になる台湾映画「海角七号 君想う、国境の南」は、台湾ではタイタニックに

次ぐ興行成績をあげたそう(驚き)。
ストーリーは「こちら」を見るとわかるが、出てくる人物像を把握するまで少々

時間がかかるでしょう。

主演の范逸臣(ヴァン)はミュージシャンながら良い演技をしている。

田中千絵(トニー田中の娘)については、以前書いた記憶があるが、中国語を

専攻しただけあって、とても日本人とは思えない語学力。

ただ演技はまだまだ・・・台湾では通じても。

中孝介(あたりこうすけ)は、やっぱりシマ唄でしょう。沖縄民謡の節回しと

声質は絶品だが、特別出演?だからまぁ許せます(笑)


この最初は人物像を把握するのが大変かも・・。

また60年前の日本と台湾の時代背景を理解しなければ、ストーリーは成り立たず

現代の若者には、はじめは戸惑いがあるかも。

私自身、台湾について詳しくもなく、設定された台湾最南の町「恒春」といっても

「それってどこ?」と思うくらいの田舎町を舞台に物語は始まるが、最近は韓国映画も

中国映画もそして日本映画も「都会ではなく地方に焦点をあてた」映画が当たっている

のは都会生活に疲れた人の「ノスタルジーの喚起」かも知れない。


この映画北海道では札幌シアターキノで1月23日から公開されるようだが、見て損はない映画ですよ。

また全編に流れる「野ばら」が戸惑いを覚える中、印象的!!「茂爺さん」も良いです。

なお「海角七号/君想う、国境の南」に出演後、 アジアで最も注目されている女優と

なった田中千絵。明日の1月15日に放送される テレビ東京系の

「世界を変える100人の日本人」の特番にて紹介される予定。

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「夢駆ける馬ドリーマー」を見て・・

Dreamer.jpg

最近の映画で馬を題材にしたものとしては、「シービスケット」あるアメリカ競走馬の伝説(実話)やマット・デイモンの「すべての美しい馬」などがありますが、今回見た「夢かける馬ドリーマー」も実話のようです。

主演はカート・ラッセル、ダコタ・ファニングですが、美しいケンタッキーの牧場を背景に、一度骨折をした競走馬を「夢よもう一度」とかいがいしく治療をして・・。

まぁ競走馬を題材にすれば、ストーリーは決まっていますが、涙腺がゆるむ秀逸作品です。

シービスケットは賛否両論ある映画でしたが、私はこの映画の方がお気に入りかも知れません。
ラストの迫力ある競馬シーンと「ソニア・ドリーマー(馬の名前)」の美しい馬体は、競馬好きでなくとも見る価値はあるでしょう。

ちなみにこの映画の主役ダコタ・ファニングは、2001年「アイ・アム・サム」で新人賞を総なめに。

共演したカート・ラッセルは、「ダコタは一緒に働いた俳優の中でも、もっとも素晴らしい役者の一人」と絶賛しています。

その後の活躍は、映画好きのあなたなら見ての通りです。

評価は★★★★★でしょう。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR