映画「夢駆ける馬ドリーマー」を見て・・

Dreamer.jpg

最近の映画で馬を題材にしたものとしては、「シービスケット」あるアメリカ競走馬の伝説(実話)やマット・デイモンの「すべての美しい馬」などがありますが、今回見た「夢かける馬ドリーマー」も実話のようです。

主演はカート・ラッセル、ダコタ・ファニングですが、美しいケンタッキーの牧場を背景に、一度骨折をした競走馬を「夢よもう一度」とかいがいしく治療をして・・。

まぁ競走馬を題材にすれば、ストーリーは決まっていますが、涙腺がゆるむ秀逸作品です。

シービスケットは賛否両論ある映画でしたが、私はこの映画の方がお気に入りかも知れません。
ラストの迫力ある競馬シーンと「ソニア・ドリーマー(馬の名前)」の美しい馬体は、競馬好きでなくとも見る価値はあるでしょう。

ちなみにこの映画の主役ダコタ・ファニングは、2001年「アイ・アム・サム」で新人賞を総なめに。

共演したカート・ラッセルは、「ダコタは一緒に働いた俳優の中でも、もっとも素晴らしい役者の一人」と絶賛しています。

その後の活躍は、映画好きのあなたなら見ての通りです。

評価は★★★★★でしょう。
スポンサーサイト

早朝のブラジル戦は・・・・

あぁ負けちゃいました仕方が無いですね貫禄負けです。
玉田君が一点入れて本気モードになってしまいましたね。
日本ブラジル戦の始る前には、イタリアチェコ戦という好カードがありましたが、この一戦でのチェコのネドベドくらいのひた向きさが日本選手にあれば、また違った戦いになっていたでしょう
彼のこのカードにかける執念は感動物でしたそれに比べてわが日本は、体力不足とテクニック不足は否めず、特に中田&中村の活躍が期待外れだった事が敗因の一つでしょう。現時点では「中田代表から引退か?」のニュースが駆け巡っていますが、年齢から言ってもまだまだ彼はやれるはずです。
燃え尽きたとはいえないのだから、一度代表を辞退して再度チャレンジしたネドベドやジダンを見習って欲しいと思うのは私だけでしょうか。
日本が負けてもまだワールドカップは続きます。
ベスト16からが本当の戦いですから、眠れない夜が・・・ああ大変だ〜
 

W・CUPは正念場!!いよいよブラジル戦が迫って来ました

 ついに明朝ブラジル戦がキックオフですね。2点差での勝利は難しいと思いますが、サムライらしく後悔のない試合をして欲しいものです
これから応援のために睡眠をとって・・と思いましたが、イタリアVSチェコ戦も好カードなので「さぁ困ったぞ!!」というところです
 話は変わって先日苗穂駅近くの「蔵の湯」に行ってきました。あまり期待をしていなかったのですが、掃除も行き届いていて「温泉風呂」も満足!!
ただ行った時間が夕刻の忙しい時間帯を外していたので、込み具合もまぁまぁだったからかも知れません。
最近は郊外型の「お風呂屋さん」があちこちに出来ていますが、その影響なのか新聞には石狩市の「番屋の湯」が身売りという話しが出ていました。悲しい事です宿泊施設を除き営業は続けるようですが、これからも古くなった銭湯や温泉はリニューアルするか閉鎖の道を辿るのでしょうか。
温泉といえば先日いつもお邪魔をしている、小金湯温泉(定山渓の手前にある温泉郷)の小金湯パークホテルから案内状が届いていました。
ここの温泉は沸かし湯ではなく100%源泉ですからとても暖まりますよ。
昨年はお客様数人で観風会(北海道独特の小旅行)をさせて頂きましたが、料理は当たり外れがないのでお勧めの宿です
宿泊客も少ないので、朝一で入る露天風呂は湯の花も湧いていて格別ですよ。
また101号室の眼下には老木の裂け目に数体のお地蔵様が・・。
どうやら定山渓温泉を発見した、定山坊というお坊さんが雨宿りをした、いわくのある老木のようですが、それなりのご利益はあるようです。隠れた神霊スポットとうちのお客様に聞きましたが・・。
なおご夫婦の場合には、2Fに温泉家族風呂もありますよ



W杯は終わったかも!!

仕方が無いね〜。FWの決定力不足は、ブラジルに2点差で勝つなんて奇蹟が起きないと無理だね1点差というなら可能性はあるけど・・。今回もいつものパターンで選手交代は後手にまわり、鹿島での教え子の柳沢にこだわり続ける頑固なジーコには本当に呆れましたCBの宮本もガンバだけど然り。今迄彼のファールが原因でFKを決められ何回負けたのよ〜。キャプテンはヒデでいいんじゃん。
今回はもう諦めたけどW・CUP2010に向けて若い優秀なFWとDFの人材を育てて下さい。今回だって怪我が治ったばかりの柳沢より、若い平山を入れるとかって何故しないのよ〜[ジーコ・・]
2010の南アフリカ大会はFW(巻、平山、森本)MF(中村、阿部、今野、遠藤、松井)DF(中澤、加治、駒野、茂庭、坪井)あたりで頑張って
今日は勝てた試合を逃がしたショックのためお仕事は休みます




北海道神宮祭が終わると夏が来るのに

例年なら札幌は、YOSAKOIソーランが終わり北海道神宮祭が来る頃は、「あぁ、夏もすぐそこまで来たな」と感じるのに、今年は一体どうしたのでしょう?
今月に入っての気温も14℃から20℃を行ったり来たりで、今日の気温も最高が17℃ですからやっぱり何か変です。
昨日ようやく念願の川に竿を下ろしてきました
でも有り得ない結果・・そうです、あたりが全く無い。
7:00に川に入って、さぁー釣るぞーーと意気込んだのですが、沢をいくら上ってもピクリとも来ません。
確かに例年に比べて雪解けが遅かったせいか、水量も多く釣るポイントも限られましたが、上流に行くにつれ「いつもと違う?えーっどうして?」という不安!!
結果は予想外れの、ショック、ショック、大ショック
ボウズは免れましたが、昨年の黒松内以来の岩魚が一匹という、悲しい一日でした。
昨年の黒松内の失敗は、砂防ダムの魚道が流木ですっかり塞がれているのを後で気付き、釣れない原因ははっきりとしていたのですが、今回は全く原因は不明。
想像すら出来ません。冬眠明けのヒグマちゃんが川の魚を総ざらいする訳もないし、野鳥が餌不足で川魚を全部食べてしまった?
昨日の今年最初の釣紀行はまさに「行きは良い良い、帰りはコワイ(あぁ疲れた)」という結果でした。
新子が育つ7月半ばまでは、今回攻めた川は諦めて、道南の川にチャレンジをします

あ=あ、大ショック!!1−3ってありなの。

侍ジャパン負けました、敗れました、ほとんどこれで一次リーグ突破の目はなくなりました〜
でも前半は1−0で理想通りの展開だったのに、後半坪井が負傷退場の当たりから、
雲行きが悪くなり柳沢の弱気が運命の分かれ目でした。
1−1の引き分けなら、可能性はまだあったのに1−3はまず無理ですね。
暑さもあったかも知れないけど、相手に合わせてしまった展開は、すっかり後手を踏みました。
後半は柳沢→玉田(大黒)かもっと早く小野を使うべき。
ジーコの交代の遅さが出た負けパターンの試合でしたね。
こうなったらクロアチアに完勝をして、ブラジルには「神様」のご威光で負けてもらうしかありません。
ブラジルは2勝のあとになるだろうから、サブのメンバーで来てください。(それでも辛いけどね)
 話は変わってこのところ、若い女性の「語学留学」の話を良く聞きます。
大学の途中で海外に留学をしたいとか、高校を卒業してから英会話の勉強を兼ねて行くとか。
私は勉学向上のためなら、社会勉強を兼ねての留学は賛成です。
でも帰ってきた人の話を聞くと、留学の目標からは大きく逸脱した生活を送っている人も多いようです。
私が前から疑問に思っていたのは、「しっかりとした日本語を話せない日本人」が何故危険と誘惑の多い海外に、
憧れやステータスで留学をするのかがわかりません。それも親の脛をかじってです。
海外に出て行く前には、行った先の人たちから「貴方の国はどういう国で、住むところの良さは?」
と問われたら、日本の生活習慣や地理、歴史をしっかりと学習して恥のかかないようしなければならないのでは・・。
まして良いお友達→結婚などという甘い考えはもっての外ではないでしょうか。
親元を離れて自由を謳歌していると「思わぬ落とし穴」があることを忘れないで下さい。
これは当然、御両親にも言えることですが・・・。



いよいよ決戦のとき来る!!

 やって来ました、さあ今日はいよいよワールドカップは初戦のオーストラリア戦です。今日は日本中が「ニッポンチャチャチャ!!」でしょう。
私は今日のために、香川の地酒「綾菊」を寂しい懐に中から買って来ました
このお酒は金毘羅さまの近く(香川県綾歌町)で作られていますから、きっとご利益があるでしょう。今日のおつまみはオージービーフのカツなら(テキに勝)OKでしょう。高原、中村、福西のゴールが見たい!!で〜す
 
話題は変わりますが、最近気になる事の 一つに「出来ちゃった婚」があります。
出来ちゃった婚でもそうでなくても、「愛している者同士が結婚をするのだから、周囲がどうのこうの言うことはない」という意見もありますが、私はどうしても賛同しかねます。
出来ちゃった婚の多くは、ついつい不注意がもとで子供が出来たから、「それでは結婚をしてしまえば」という周囲のアドバイスもあり、「仕方ないので入籍をする」というパターンが多いようです。
その場合、生まれてくる子供は本当に両親が望んだ結果でしょうか?私はほとんどがそうでないように思います。(例外はあると思いますが)
若い既婚者の相談で最も多いのが、夫に対する不満と子供に関する悩みですが、すでに離婚を経験したという20代から30代のアンケートでは、結婚を決めたきっかけは「子供を妊娠したから」という声が最も多いのです。
その様な子供のほとんどは、親子の縁が薄く、成人をしてからも配偶者に恵まれにくいお名前であるのは偶然とは思えません。
性に対する考えが「完全にオープン化」した現在であるからこそ、学校や家庭での性教育を充実したものにしていかなければ、道徳心はなくなり、日本という国の崩壊に歯止めがかからなくなるのではないでしょうか。
若いお父さんやお母さんは、子供を授かったなら「真剣に」名付けに取り組んで欲しいと思います。

 

Wカップいよいよ開幕!!(日ハムは2連敗でした)

待ちに待った2006年FIFAワールドカップ・ドイツ大会。
開幕戦のドイツVSコスタリカは4-2開催国ドイツがコスタリカを撃沈。
でも優勝候補の一角と言われているにはDFの甘さが気になりましたね。
交流試合の日本戦も2-2の引き分けでしたが、守りの甘いドイツが優勝候補なら、わが侍ブルーの日本も優勝候補といえます

やっぱり優勝はブラジル、イングランド、アルゼンチン、ポルトガル、イタリア、オランダあたりで
はないでしょうか。
しかし、イタリアはセリエAの不正疑惑が尾を引いて、つまずく予感もなきにしも
あらずで、フランスはジダンやアンリが残っていると言ってもスタミナに不安
を感じます。
ダークホースにはネドベドのいるチェコとシェフチェンコが率いるウクライナ、爆発力
の魅力を秘めたアフリカ勢あたりでしょうか・・・。

日本も一次リーグ突破なら、次戦のイタリア(予想では)に勝ってベスト8の
可能性もあります。
いずれにしても初戦のオーストラリアに3-2(2-1)くらいで勝つか、引き分けないと先に
進めませんよね。
理想としてはオーストラリアに勝って、クロアチアには2-0でパリ大会の雪辱!!
ブラジル戦は2-2の引き分けっていうのはどうでしょう。(ムリみたいですが)
得点者は高原2点、柳沢(巻)1点、中村2点、中田1点、福西1点と行けば、
一次リーグ突破です


 さーてわが日ハムは、ナオちゃんの体調不良での応援中止で
2連敗の始まり昨晩も武田久が打たれて逆転負けでした。
投手力に陰りが出てきたのが不安ですが、ガッツにHRがでたようなので巻き
返しは大いにあります。みんなで応援しましょうね。

昨日の道新のスポーツ欄に気になるニュースが・・・J1磐田の山本監督が成績
不振により監督辞任、J2湘南の上田監督も辞任、わがコンサの柳下監督は以前
磐田の監督でしたが、何かの暗示でしょうか

札幌はもうすぐ北海道神宮祭なのに、異常に寒いです。
よさこいソーランも始まりましたが、こんなに寒いのはここ数年無かったので
はないでしょうか。
週末は天気もですから、好きな渓流釣りも足止めです。
来週末の天気が良ければ、竿降ろしをしようと思います
ここ数日寝不足なので、そろそろ

日ハム昨日も勝ちました「今日も勝つぞ」

やりましたねさあ今日はナオちゃんが応援に行きますから、阪神3タテといきましょう。
但し気掛かりなのは、ナオちゃんが風邪気味で大丈夫かどうか??今日は連絡を取っていないので、ちょっぴり不安です。

今日から壁紙を海のブルーから黄色の向日葵に変更。黄色は金運の色?
北海道のあちらこちらにヒマワリが咲くのは、まだまだ先のことですが、気分転換です。
明日になったら移り気の多い私は、アルプスの絵になっているかも知れませんが。
ヒマワリといったらすぐに思い出すのが、皆さんは向日葵畑とかゴッホのヒマワリかな?
どうしても私の場合にはヒマワリといえば「イタリア映画のヒマワリ(1970)」です。
主演はソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニですが、映画冒頭とラストシーンには画面一面のヒマワリ畑。流れる音楽はヘンリィー・マンシーニの名曲です。
多分中老年の方は、題名は判らなくても必ず耳に残っている曲でしょうね。
映画と音楽といえば、このほかには「ドクトル・ジバゴのラーラのテーマ」(よく間違えるのが風と共に去るのタラのテーマ)「ゴット・ファーザー」「シャレード」「ティファニーで朝食をームーンリバー」などが秀逸作品だと思います。ちょっと古かったですね。
私の好きな映画=音楽作品ベスト5
?ドクトル・ジバゴ(絶対に良いです、見て損はありません)
?ひまわり(第二次世界大戦でロシア戦線に行った兵士が行方不明・・泣けます)
?ゴットファーザー(誰もが知っているアカデミー作品)
?帰らざる河(歌の下手なM・モンローが一生懸命歌っています)
?太陽がいっぱい(アランドロンのデビュー作(?)ラストに・・・)ですが、皆さんはどうでしょう。色々な作品があると思いますのでご意見承ります。
さあお昼休みの時間も過ぎましたので、今日はこれまで・・。

そうそうコンサは最下位の草津と2−2の引き分け。これで今年J1昇格は無理でしょうね。赤黒サポーター(道民)も怒らなきゃあいけませんぞ。今年はもうコンサの試合は見たくない。ワールドカップも始まるしそちら一辺倒と行きます。

サッカー「日本代表」

ワールドカップドイツ大会がいよいよ近づいてきましたね。
日本VSオーストラリアの初戦が最も重要なのは、誰もが一致した意見でしょうが、昨日のマルタ戦を観て「オイオイ大丈夫なの?」と思ったのは私だけではないでしょうね〜。少なくても5−0くらいはいけると思っていたら、大黒<不調>、玉田<トラップミス多し>、巻<空回り>、俊輔<マークがきつい>などで、終わってみたら1−0とは、相も変わらず決定力不足を曝け出しました。我コンサも同じ決定力不足で悩んでいますが、エメちゃんを中東に出さず帰化させておけば、もう少しは違っていたのでは・・・。
ところでコンサもまったく駄目ですね今回の山形戦はどうにか追いついてドローでしたが、何が悪いのでしょう?? 頑張っているのは加賀と大塚、フッキくらいで、一体やるきあんのかな。いよいよ監督、コーチ(財前)総入れ替えの時期ですよー。マリノス行った岡ちゃん、ディドコーチを息子と一緒に札幌に帰してください。そうしたらちょっとは良くなるかもね
 そういえば昨晩ネットで「姓名判断」のHPを一覧していたら、驚いた事がありました。今までも良くある事と思っていましたが、九占式とまったく同じなんですよね。5格4運、同格同数、果ては初年〜晩年運ときたら、これなーに?
私の鑑定書は全国に送っているから仕方ない事ですが、そこまでやらなくてもいいんじゃないの?って思いましたねー(^o^)
一度九占舎慶峻で占ってもらおうかな。ばっちり当たったりしてね(^^;
という愚痴ばかりのカキコでしたが、お昼休みも終わりなので「仕事モード」に入ります。

怠け者のプーさんの「夢は釣り三昧」

しばらく日記を休んでいましたが、本命のHPが立ち上がらなくちゃあね。
そんな訳で鑑定の仕事とHP作りに集中!!集中!!といったこの頃でした。
<実は前回の日記の後に書いていたけど、ミスで長文の書き込みが・・> そんなこんなで「九占舎HP.Vo2」もまだまだ中途半端だけど、皆様のお助けで乗っかりましたぁ〜。
さて今日は6/2日ですが(気が付けば3日)、北海道は6/1が渓流釣りの解禁です(道南は)。今年は積丹のサンナイ川が、余りにも釣り人が多いと言う事で15日まで禁漁という事ですが、いよいよ私も活動の時が訪れました
今週は無理だけど温かくなる予感の来週は、まずは小手調べに○○川に行こうと張り切っています。
釣果があれば、いつもの様に「山女の天婦羅」と「岩魚の塩焼き」でパーティですよ〜。皆さんお楽しみに〜。
でも今年は里山は雪解けが遅かったので、「クマさんの冬眠も長かったのでは?」とか「水量が多いのでは?」(^^; そういう不安もあるんだよね。
でも行って見ないと判らない・・そうです、その通りです。

多分一回目は、平日の調査行だから、「タクマ君」は仕事でいけないねー(残念)
会社休むなら同行OKだよ(*^_^*)

05 | 2006/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR