映画 スティを見て


「スティ」キャストに惹かれて観たけどねーユアン・マクレガー / ナオミ・ワッツ / ライアン・ゴズリングとくれば、期待感を抱きます
良く判らん・・
主役はもちろんユアン・マクレガーで相手役はナオミ・ワッツですが
この映画は何回見てもわからない。見た時間が悪いのか、私の頭が悪いのかそういえばユアン・マクレガーは精神科医役でした。
担当が替わって診る事になったなった患者役にライアン・ゴズリング(完全犯罪クラブ、きみに読む物語)ですが、キャストはいいのに脚本が悪いのか、監督が映画映画に走ったのか☆☆半の映画でした
 頭の疲れた後には、何も考えずに見れる映画として今夏に話題となった「ミッション・イン・ポシブル3」を・・まったく期待もせず見たけれど・・何か駄作といわれていてもスティを見た後だからか、すっきり感に浸れたのは何故
トム・クルーズは好きでも嫌いでもないけど、ローレンス・フィッシュバーン(マトリックス)の重厚な演技に脱帽今回イーサンのフィアンセ役で出るミシェル・モナハンは好みの女優でした
でもやっぱり連作になると2〜3とつまらなくなるね〜 

スポンサーサイト

北国からの贈り物



http://www.a8.net/a8v2/asLinkAction.do



日ハム勝ってコンサも2連続6得点です。

今週の北海道のプロスポーツは嬉しい限りでした

お蔭様で北海道日本ハムは、ソフトバンク戦に連勝して1位通過です

昨年までは1位通過でソフトバンクが通過をしても、プレーオフで西武、ロッテに

負けたことから「1位通過のメリットが無い」ということで、今年から1勝をプレ

ゼントすることに・・・こうなれば圧倒的に今年の日ハムには有利です。

流れから言って西武との対戦でしょうが、松坂に負けても「タイ」ですから、パの

優勝はわが日ハムでしょう。

日本シリーズは中日となるでしょうが、中日も後半は疲れ気味ですから、

日本一の可能性も出てきましたね

コンサも何とか頑張って5位に浮上

残り9試合を8勝1敗なら3位もあり(まぁ無理かな)

日ハムに続いて欲しいけどね

NTT-X Store



北海道日本ハムは勝って一位通過に王手です!!




日本ハムソフトバンク戦の天王山は、日ハム8−0ソフトバンクで圧勝です。

八木が7回を投げて無失点、その後武田久、マイケルとつなぎ必勝リレーが成功でした

明日勝つか引き分けで西武が松坂で落としたので、一位通過となりまだまだ札幌ドームは盛り上がりますね

今日の観衆は満員の4万1千人・・明日は超満員でしょう。

明日は前回負けた和田君を打ち込んで、圧勝・完勝と行って欲しいものです

久しぶりに「美味しいお酒」が飲めそうです

幸せという文字が付くお名前

安易にはいえませんが、姓名判断に関する本の多くには、

「幸」という文字が付く名前は陰のパワーを持つといわれています。

この文字を名前に持つと、本人もしくは家族に苦労や苦痛、失敗、

別離などの不幸が降りかかり、幸せな結婚生活がある日突然

不幸に見舞われて途絶えたり、病弱で何かしら病気を抱えたりするほか、

妻(夫)や子供のことでいつも気苦労が絶えないという状況に陥りやすいようです。
 
ただし、「幸」の文字を持つ人すべてがそうだとは言い切れません。

私の周りにも、○○幸とか幸○という名を持つ友人がいます。

しかし、実際に男性女性を問わず前述のような不幸に直面し、当舎を訪れた人もか

なりの数に上っているのも確かです。

昨日当舎のお客様からある相談がありそのついでに「実は妹が危篤状態が続いてい

るんです」という悩みを打ち明けられました。

お名前をお聞きし旧姓でも見ましたが、大病に至るお名前ではありません。

年齢もまだ若く、その様な生死の境に立たされるとは考えられないので、

ご主人のお名前をお聞きした所、理由は判明しました。

お仕事では成功をしても、ご家族に不幸が襲い掛かるパターンの配列であり、

お名前にも「幸」の文字が入っていたからです。

私は返事のメールで「危機を乗り越える可能性は高いでしょう」

「その理由は、本人の今年の運気は変動の波にさらされても、いずれ喜びが

訪れる運気にあるからです」と書きましたが、ご主人のお名前が余りにも

悪いのが原因とは何故か伏せることになりました。

正式な鑑定依頼でもなく、今が最も大変な時には「言うべきではない」と

耳元でささやく声があったからです。今は「窮地を脱して欲しいと願うだけです」

北海道日本ハムファイターズ 今日も勝利!!

昨日の楽天イーグルス戦は、2−1でいただきでした。
昨日は小笠原(ガッツ)の2打点と新人王確実と思われる八木の完封で2−0という結果、5月以来の首位奪取

今日の試合は相手ピッチャー有銘の頑張りで厳しい試合でしたが、稲葉の決勝点が効いて逃げ切り勝ち!! いよいよ見えてきましたぁプレーオフ一位&優勝が!!

今年の稲葉は一味違います!!私はもともとヤクルトファンだったので、稲葉が昨年大リーグ挑戦を諦め日ハムに入った時は、やったぁ〜と喜んだのですが、一年目はピッチャーの癖も判らず期待通りには・・・。
でも今年は違います。3割キープで勝負強い稲葉の長所が出ています。
このまま進めば3勝一敗でもOKでしょう波に乗っているチームは強い・・駒苫のリベンジをプロ野球でやって欲しいのは、
道民すべての願いです


北国からの贈り物



布部不動堂


一年一ヶ月ぶりの訪問です。
今回は過去ログでの「ぬのべだより」で書いてあるように
ご住職が来年3月でご隠居(?)なさるとの知らせもあり
私、チーちゃん、娘の3人での訪問となりました。

ご住職としばらく雑談の後、お腹は空いていませんかとのお言葉に
私のお腹は素直に反応をしてしまいました。
「今日は敬老の日ですから、沢山おいなりさん(いなり寿司)を造りました
ですから皆さんで食べていって下さい」とのこと・・
勿論私は遠慮をする理由が有りません。
「お不動さん」と「お稲荷さん」のミスマッチに多少戸惑いましたが、
昼食はまだだったので、3人揃って「いただきます」の返事でした。

聞けば「敬老の日」には、近所の老家族や老人ホームの人たちの為に
おいなりさんや手造り羊羹を作ってお配りしているとのこと、頭が下がります。

さてそのいなり寿司ですが、私はあっという間に完食でした。
「料理自慢のご住職だけの事はあり、本当に美味しかったです」
また添え物に出た「小ぶりのジャガイモ煮」こあげを煮た煮汁で作った煮物は、
ジャガ芋本来の味が素直に出ていて「絶品」でした。
料理研究科の星澤幸子先生に「ごぼう料理」を教えただけのことはあります。
お見事でした。
そのようなご住職も、来春には若い後輩の方に職責をお譲りして、お子さんと
の普通の生活に戻られるとのこと・・大変残念です。

お母さんは樺太から引き上げ、布部に根を下ろし「多くの人達の悩み等の相談」に
乗られて来た有名な霊能者だったそうですが(私も一番最初の訪問でお会いしていますが)「母親の偉大さを乗り越えられなかった」の一言には
「苦労」という二文字が滲んでいました。

さて来年3月はまだ雪も深い季節ですが、「また訪れる事となるんだろうな〜」
と思いながら、ご住職のお見送りに頭を下げて布部を離れた私でした。

日ハム首位に肉薄!!優勝見えた!!


北海道日本ハムと千葉ロッテの3連戦は、日ハムが3タテで勝利

首位ライオンズのとの差は0.5ゲーム差の2位を保っています。

一昨日(土)の試合は12−1の圧勝で、どちらかと言えば大雑把な試合になりま

したが、日ハムファンとしては取れるだけとれーのイケイケ試合は見ていて気持ち

がいいものです。

野球の場合には前日大勝すれば、翌日は貧打の試合となる事が多いのですが、

昨日の試合は息詰まるシーソーゲーム。

森本の本人にとっては初めての6打数6安打という驚きの結果と、選手会長金子の

意地のサヨナラ安打で、延長11回6X−5サヨナラ勝ちです

今年の日ハムは押さえの投手陣が良いので、昨年とは違いハラハラドキドキの

終盤も少なく、安心して見れるので血圧にも良いのですが、昨日は久々に興奮の

試合でした〜

ここ数日の日ハムでは、ガッツと稲葉の活躍が目立ちますが、経験のある二人はと

もかく、今年2番に定着した田中賢介のシュアーなバッテングは、大きな躍進の源

かも知れません。時々チョンボはしても、落ち込まずバットで活躍する彼には

過去の巨人の土井を彷彿させるものがあります。

今年自信をつければ、来年の1番森本・2番田中は大いに活躍が期待できるでしょう。

さーあと残り試合も6試合ですが、今日から日ハムは楽天2連戦。

西武はソフトバンクとの2連戦で星のつぶし合いになるので、今週で首位も見えてきます。
何よりも楽天戦で取りこぼしがなければ、26・27の札幌ドームは天下分け目の天王山になりますここまでくれば

絶対優勝でしょ!! 小笠原の3冠王(可能性大)と優勝で私も美味しい酒を飲みたいです。

「植草一秀」考


新聞やTVを見ていると、嬉しいニュースもあれば一寸困るようなニュース、
はたまたどうしてというような戸惑いを覚えるニュースがあります。
姓名判断を仕事にしていると、この人は一体どうして?
と思っても、頭の中で簡単に判断をしても、真剣に「名前を見よう」
とは思わないものです。

その理由は色々有りますが、ものぐさ者と言われればまさにその通りかもしれません。そういう私が興味を覚えた人物が「植草一秀」という大学教授の名前でした。
今回は前回のスカート覗きからエスカレートし、直接手を触れた痴漢行為というから驚きです。

一体彼はどのような経歴かと調べてみれば

1983年東京大学経済学部経済学科卒業

同年、(株)野村総合研究所に入社、経済調査部研究員として勤務

1985年から1987年まで大蔵省財政金融研究所研究官

1988年から1991年まで野村證券(株)に出向

1996年から(株)野村総合研究所主任エコノミスト2002年には主席エコノミストに

1991年から2年間、京都大学経済研究所助教授を務め、

1993年から3年間スタンフォード大学フーバー研究所客員フェローを務める

2003年から早稲田大学大学院公共経営研究科教授

2004年4月に東京都迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕

2004年5月に早稲田大学大学院公共経営研究科教授を解任される

判決後の2006年4月から名古屋商科大大学院客員教授として教壇に復帰

2006年9月逮捕・・・

何とも華々しい経歴の持ち主がなぜ男として最悪最低の行為に及んだのでしょう。
名前を見てみると

            外格19
          植 草 一 秀  45歳(数え年46歳)
          12 9  1  7
        天格21 人格10 地格8 総格29

この様になっています。人格10画は数え年35歳以降に突然の災難(落下事故)の暗示。外格19画は頭脳明晰で天性の才能を持つ場合が多いが、何かと頭の良さが災いして犯罪に関わったり、自ら犯罪を起こす事もある犯罪数です。
総格29画は頭の回転の良さを引き出す智謀運ですが、人格10画と外格19画は凶数同士の横同格ですから、事件や事故にあった場合には再起不能となる因縁を抱えています。
愛情運は良いのですが、19画は決断力に欠け、一度はまると抜け出せない10画が
再販の道へと向かう事になったのでしょう。
詳しく鑑定をすれば、数え年34歳から運気は下降をしていて、53歳までは要注意の名前でした。
家族がいるのであれば、家族とも別れ別れとなるかも知れません。

「名は体を現す」は、どうやらこの人に限って「名は態を現す」の部類かもしれません。頭脳明晰でも、名前の悪影響がこの人にはっきりと現れたのは悲しい事です。





悩みがあれば「どんなことでも」


仕事は「姓名判断」・・っていうと、結構引く人がいます
「私の過去を知られたくない」と言う人も居れば「怖いから将来は知りたくない」という人も居ます
なかには「占い師サンですか?」という人も・・。
私は師と呼ばれるほど、崇高な志もなく占いに長けている訳でも有りません。
ですからどちらかといえば、占い師とか占いの先生という言葉には抵抗感があります

私がこの世界に飛び込んだのは、過去に苗字(姓)と名の関わりにおいて、不可解な出来事があったので
何となく研究を重ねたのが「今の私」なのですが、まだまだ名前の奥深さにはたどり着けないという
ジレンマがあるのも確かです
それは何から来ているかと言えば「名前の文字(漢字)」なのかも知れません。
例えば「佐藤直美」さんと言う名前の人と「佐藤尚美」さんがいれば、どちらも画数は同じですから
本来であれば同じような運勢を持つものと思われますが、実は全く違う場合も出てきます
それは「直」「尚」とが同じ画数でも、名前に使った場合には微妙に変化が起きるからです。
このような事は、名前に使ってはいけない文字と言われる「幸(ゆき)」と「征(ゆき)」にも言える事です。

ある漢字学者は、姓名判断などは「迷信」と言い切る人もなかにはいて「姓名判断などに頼らずに
赤ちゃんのお名前を付けなさい」また「親の愛情があれば例え姓名判断では悪くても素直な良い子に
育つものです」と言い切る人も居ます。
果たしてそうでしょうか 

私の統計では事故や事件で亡くなっている被害者の多くは、それなりの原因を持つお名前なのです。
最近では徳山工業高専5年の中谷歩さん(20)は、とても大きな親の愛情を受けて育ったと言われています。
また福岡県の市職員今林大(ふとし)容疑者(22)の、
酒酔い運転事故で亡くなった大上さん一家の子供たちはどうでしょうか。
残念なことにどちらの被害者の方も、事件や事故の暗示がはっきりと出ています。
特に福岡の事故は、事故を起こした本人にも事故・事件の暗示があったことから、
どちらかのご家族が姓名判断を信じてお子さんのお名前を考えていたなら、
今回の悲惨な出来事は避けられたのかもしれません。

昨年二十代前半の女性が当舎を訪ねてきました。
悩みもさほどなく、相談はお仕事の悩みでしたが、この時私は「近々に事故に遭うかも知れません」
注意をしなければ大きな事故になる恐れも・・と判断所に書きました。
その旨をご本人のも口頭でお伝えしたところ「何が悪いのでしょう・・私の名前は家族が色々と
調べて付けて呉れたと聞いています」と憮然とお答えになりました。
また「それを避けるのは・・」と質問されたので、「お名前の持つ運勢も悪いし、何よりも使っている
文字が・・」「出来れば改名をされた方が良いかも知れませんね」とお伝えしました。
そう言われた本人の立場に立てば青天の霹靂だったかも知れません。
その場では改名に心が動いた彼女も、家に帰ってご家族に相談をした所「一体何を馬鹿な事を・・」の一言で断念をすることになり
翌日「家族の反対で諦めました」と報告があったのですが、これもその方が持つ運命だとしたら何とも言えません。
数ヶ月(厳密には3ヶ月)後、新聞で彼女のの名前を発見しますが、誰が最も悔しい思いをしたのでしょうか。

九占式姓名判断は当たる当たらないより、災難を避けるには・・悩みを解決するには・・どうすれば良いかを
はっきりと言い切ってきたことは、多くのお客様が理解をしていることです。
また過去に訪れた経験の有る方も、新規のお客様も「一寸気掛かり・・」と思えば是非ご一報下さい

悲しい気持ち


今年は大きな事件はおきていませんが、不可解な出来事が多い年です。
子供が母親を殺したり、親が子を殺す。
少年が同級生を殺すなど、新聞上では凄惨な事件ばかりが報道されています。

何故だか私には良く判りませんが、新たな首相候補の人は、憲法改正と教育基本法の改正を掲げ、現政権で近隣諸国との壁となった靖国問題には口を閉ざすという基本方針で挑んでいます。

何かが大きく変わろうとしているのでしょうか。17歳前後の子供達の高校中退者も年々増加し、親は無気力となって子に物を言えず、大学生は楽しい事が青春という(全てとはいいません)生活の中拝金主義が横行・・。
良いのでしょうかね〜。

親が子に物を言えず、子は親を信頼をしていないという構図は、まさに現代の社会構成の崩壊現象の第一歩ではないかと思います。

先日近くのスーパーで見かけた光景は、3〜5歳くらいの兄弟が大声で走り回り私と正面衝突寸前でした。親はというと、まだ30歳前後の若夫婦で注意をするでもありません。マナーという言葉はもう死語になったのでしょうか。
そのような光景を見ても、注意をできない自分にも腹が立って早々に引き上げましたが・・・・この様な子供を預かっている、保育園や幼稚園の先生は「本当にご苦労なこと」と思いました。

私たちの子供の時代は、自分でして良いことと悪いことの区別が付かない時には、悪いことややってはいけない事をすれば、親や祖父母、そして近所の小父さんが注意をしてくれました。また大人は怖いものと考えていましたが、今は友達以下になってしまっているようです。
「情けのない時代になったようです」

「核家族化」「幼少時の道徳心の欠如」「本を読まない、新聞を読まない」「性の乱れ」「権利の横行」「歴史観の欠如」など色々な問題点は上げればきりがないのでしょうが、乱れの最大の原因は「相手を思いやる気持ち」を教えない大人の責任かもしれません

日ハムけっこう頑張っています

日ハムソフトバンクの3連戦初戦はガッツの活躍で戴きました。

打線もつながって初回に3点を失うものの逆転勝ちです。

今日も明日も今の勢いならいけるでしょう。2位確保は無理ではありません

コンサはやっぱり不調続きですから、今期の昇格は諦めです。毎年毎年諦め続けは

ファンとしては結構辛いものがありますね。

「再度岡ちゃんとディドに戻ってもらいたい」と思うのは私だけでしょうか?

やっぱー甘えがあるんでしょうねー「選手諸君」もっとお金を取るプロとしての自覚を持ってほしいものです。

万年J2でいても上は目指せないんですよ〜ほんとに・・

あっちこっちを怪我しても頑張っている日ハムの選手を見習ってください。

「情けない・・・」

情けないといえば、最近はお客様に「病んでいる」という人が増えたみたい・・

不眠・情緒不安定・躁鬱と心の病の人が結構数多く私の所にも訪れてきます。

仕事の悩み、家庭の悩み、愛情の悩みと多岐にわたりますが、10年前には

「私は病んでいます」という人は今ほど多くはなかったように思います。

最近は確かに「何かが変」と思うことは、様々な面で感じますが、何かしら自分にとって都合の悪いことは

他人や周りのの所為にすることが多くは無いでしょうか?

会社が悪い、政治が悪い、親が悪い、子供が・・と言っても自分にもその責任の一端は必ずあるのです。

自分でそれなりの努力をしてこそ苦労は報われるのですから、まず出来る事から手がけて納得のいく道を進んで

欲しいものです。それと「薬依存」のかたがとても多いようですが、大変に気にななっています。

札幌も9月に入って、ようやく秋風が吹いてきました。

つい先日までは、8月も後半なのに暑い日が続きウンザリとしていましたが、
ようやく今日に入って半袖では涼しさを感じるようになって来ました

食いしん坊の私にとっては、最も歓迎をする「秋」がすぐそこにやって来ました。
この季節になれば、食品スーパーには「とうもろこし(とうきび)」「秋刀魚」
「秋鮭」と美味しいものが次々と並びます

まだ「シャケ」は走りなので、値段も高いようですが、値段が落ち着けば「チャン
チャン焼き」に熱燗も悪くは無いな〜と自然に口元が弛んできます

 渓流釣りは前回以降はご無沙汰になっています。
日照り続きで川も水位が下がってる事を予測しての行動ですが、雨が多くなる今月はねらい目でしょう。
今月の10日は古平町で「みたら・やったら・くったらフェスティバル」という
お祭りがある様なので、川釣りをかねて行って見ようかと思案中です。

そういえば・・最近嬉しい連絡が入りました。
当舎の女性客の一人が、新たなお名前で戸籍を収得したとのこと
全く違うお名前ですから不安もあったようですが、熱意が通じたようで、
さしたる問題も無く家裁から通知があったそうです。
「嬉しくて涙が出ました!!」とメールに書いてありました。
これで彼女は、気持ちも新たに前向きに進むことが出来るでしょう










08 | 2006/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR