ジョシュ・ハートネット「ラッキー・ナンバー・スレヴィン」

いま話題になっている映画「ブラック・ダリア」にも出演しているジョシュ・ハートネットの主演作「ラッキー・ナンバー・スレヴィン」を見ました。
脇を固めるのがブルース・ウィルスと大好きなモーガン・フーリーマンとくれば、一応見ておかなければと思ったのですが、不運続きのジョシュの隣に住み恋仲となるルーシー・リューの軽快な演技が見ものかも。

ストーリーの前半は、なかなか付いていけない展開で我慢が必要かも知れないが、ギャングの親分役で出ているM・フリーマンの出番が来るとどうにか興味が湧いてきました。
たて続けの不運も作られたもので・・・。
まぁこの当たりでストップといきますが、ベン・キングスレーの禿頭がやはり印象的でした。彼の作品は「砂と霧の家(2003)」以来でしょうか。(この映画はお勧めです)
私としては豪華キャストの割には・・・というわけで、甘いかも知れませんが
☆☆☆★★というところだったと思います。

そういえばジョシュ・ハーネットはスカーレット・ヨハンセンと今でも付き合っているのでしょうか。
昨年「ブラック・ダリア」の撮影中ブルガリアでパパラッチされたようですが、この映画はいま公開中です。
私は数年前にこの作品を読みましたが、結構引き込まれた記憶があります。
作者のジェームス・エルロイはご存知だとは思いますが「LA・コンフィデンシャル」の原作者です。
ブラック・ダリアは映画には不向きかと思いましたが、どのような映画になっているかとても興味があります。

スポンサーサイト

プロ野球も終わりを告げて

日本シリーズも我が日ハムの優勝で終わり、さぁーこれからの楽しみはと考えたら「何もナーイ」コンサドーレは昇格なしが決まり、渓流釣りも季節外れで(羆の出没が多かったので秋は断念)楽しみがなくなりました 
こうなったら仕事&仕事で頑張って、美味しいお酒を呑む位ですね

さて仕事とは関係のないお話ですが、先日フーちゃんが来た時のお話です。
彼女はこの7月に双子の女の子を無事出産しましたが、今は大奮闘中との事でした。
それもそうでしょう。まだ上のお兄ちゃんは小さいし、何せ何もかもが同時にしなくてはいけない訳ですから経験者でなければ判らないことも多いはずです。
でも彼女が言うには「子育ては楽しいけど、本当に困ることが・・・」
一体何かと思えば、それは近くのスーパーやショッピングセンターに行った時に良くある出来事のようです。
彼女は旦那様と子供3人の5人家族ですが、買い物といえば5人総出となります。お兄ちゃんは旦那様が面倒を見て、小さな赤ちゃんは双子用の乳母車(サイドカーの形態のがあるとのこと)に乗せて売り場を歩くようですが、その様な情景はまさに注目の的になり、全く知らないお客が次々と覗き込み「双子ですか?」とか「似てますねー(当たり前)」「可愛い〜」など次々と声を掛けられるようです。その程度なら彼女も余裕でやり過ごせるのでしょうが、なかには常識外の行動を取る中年層の母親もいて「ほらほら○○ちゃん、見てごらん」「双子だよ〜可愛いでしょう」とまだ小さな子供に見せようとしたりする親も多く「私の子供は見世物ではない」とキレかかることもしばしばあると嘆いていました。
まさに最もな言葉です。たまの休日の買い物で、ゆっくりと買い物も出来ず「ハラハラどきどき」というのであれば、ストレスを抱えに外に出かけるようなものです。
もう少し常識ある行動が取れないの?と思うのは私ばかりではないでしょう。

常識といえば、最近は様々な面で「世の常識」に変化が現れています。
子育てもそうですが、子供への躾や教育はまったくおざなりとなり、社会全体がおかしくなっていることに何故気が付かないのでしょう。ある政治家は、北朝鮮が核を持ったから日本も核保有の論議をすべきと言い出し、非核三原則の論理も崩れ去ろうとしています。
高校教師にいたっては大学試験には「世界史」が必要外だから、必修科目なのにやった事として問題となり、校内外でのイジメを阻止しなくてはいけない中学教師が先頭を切ってイジメに加担する構図は、まさに「シンジラレナ〜イ」の一言に尽きます。

小松左京の作品「日本沈没」は大地震と火山の爆発で日本が沈む様が描かれ、「ノストラダムスの大予言」でも日本は沈み中国に避難をするとなっていますが、日本はいま天災以外の要因でまさに沈もうとしています。五木寛之の初期の作品に、現在の日本を彷彿させるような「本(題不明)」がありましたが、疲弊しきった国は「若き統率者」を求め、世の中はナショナリズムに走り日本は徐々に崩壊の道を歩む・・という粗筋だったと記憶しています。
私も今の時代に何が出来るかも、どうすれば良いかもわかりません。
しかし、周囲の意見や間違った行動には、「それは違う」という簡単明瞭な言葉を発することが常に出来るようにしていたいものです。

ついに日地ハム優勝です!!




ついにやってしまいました
昨日の日本シリーズ第5戦は先取点こそ中日に取られましたが、粘り強いのはハムの持ち味ですね。でもガッツの好守備で一点に抑えたのが、その後の展開の明暗を分けたのでしょう。
あれでダルも肩の力が抜け、変化球も決まってきました
昨日の見送り三振にもめげずにセンター返しをした稲田には、関東の日ハムファンの強い祈りが通じたのだと思います。
ヒルマン監督の好采配が光りました
一点ビハインドをすぐ取り返し、同点に追いついた所で憲伸も疲れが顔に出ていましたね。
ここで勝利を確信しました。流れは日ハムに傾いたのは、やはり内野の好守からでした稲田しかり賢介しかり、そしてガッツの守備です
こうなればあとは一発期待の流れ・・セギの2ランで逆転
稲葉のHRで駄目押し・・シーズン中と変わらないパターンで新庄劇場のクライマックスにつながったわけです。


いやぁ〜泣けましたぁ。五十数年生きて来ましたが、まさか地元チームが我が札幌で「日本一」とは、ありえないことが現実に起きたわけです。
44年ぶりの優勝といっても、全くピンと来ないのが当たり前で、当時は東映フライヤーズですが記憶はありません。
記憶違いでなければ、監督は名将水原茂、投手は浪速の怪童尾崎行雄、土橋正幸だったと思いますが?古い話です。

優勝決定後、本当に久しぶりに「ほらふき男爵」へ・・
たまたま席は空いているとの事でしたが、着いてみるとお客はゼロ・・ ( ・_ ・)ん?
ママに聞くと豊川稲荷でビール掛けをしている
薄野に集まったファンが盛大にビール掛けをしたそうですそれにしてもそれからが大変でしたぁ〜
隣のお店はNステに何度も中継された、スポーツバーですから深夜遅くまで「稲葉の応援歌」が流れてきますし、ビルの入り口ではHBC・TVが中継放送、私は偶然飛び込みで来ていた伊達市の若夫婦と野球談義(二日続けて伊達からやって来たそうです)本当にめまぐるしく廻る興奮と感動の一日でした。
本当に本当に「北海道日本ハムと全国のファン」に有難うの言葉を捧げます。

帰りは年の所為か疲れが出てきたので1:30には帰途につきましたが・・北専会館前で大騒ぎ・・
怪人が・・と見れば、セギとマシーアスでした。
多分このあと打ち上げを朝までやったのでしょう
ちなみにMVP稲葉は今朝のSTVに生出演。
新庄は目が据わるまで呑んだとネタバラシをしちゃいました。

さて一夜明けて気がかりな情報!!まぁライブドア情報ですから気にはしていませんがヒルマン監督はテキサスレンジャーズに小笠原はFA宣言・・でもガッツは日ハムの至宝ですから、ファンが離しません。
ヒルマン監督はもしかしたら・・あるでしょう。
勝ったばかりで変な情報はまだ欲しくないのが、道民の気持ちですが・・。
(おことわり二日酔いのためmixiとかぶっています)



日ハムは予定通りの展開で勝利


昨日の日本シリーズ第3戦は、1回裏のガッツの逆転打と8回裏の稲葉の3ランで6−1で2連勝でした
日ハムファンとしては、まったく不安のない勝ち方でしたから、流れは良し!!
さぁこれで2勝1敗です。あと2勝でシリーズ優勝です中日ファンには申し訳ありませんが、昨日武田(勝)での勝ちは大きく4連勝が見えてきましたね
今日は多分金村ですが、終盤のゴタゴタを忘れてコントロールを間違わなければ、今日も戴きでしょう。
頑張れ日ハム




神秘の家(1)

この仕事を始めてからよくお客に聞かれることに「何故この道に入ったか?」という質問が多いのは、姓名判断という一風変わった職業の所為と「本当に姓名判断は信用が出来るの?」という不安から出る思いが言葉になるのでしょう。
子供時代は「大きくなったら何になりたいの」と誰からも言われるものです。
私自身もそう問われたら決まって「バスの運転手さん」と答えていた記憶があり、「大きくなったら人のためになる仕事をする」などという殊勝な気持ちなど皆無であり、なんとなく「人並みに生きることが出来ればそれで良い」と思っていたものです。
そのような想いは生まれつきどちらかと言えば、いつも身体のどこかにトラブルを抱える虚弱体質であったのが、思いを募らせる原因だったのでしょう。
私の
小学生から中学生の時代はまともに学校に行った記憶がなく、年中病院通いの連続でした。
小学生といえば「友達と野球もしたいしスキーもしたい」と思うのは当然なのですが、身体が弱いと言うことは大きなハンデは友達との交友にも大きな影を落としていました。
確かあれは小学2年になったばかりの出来事でした。
大学を出たばかりの女性教師が担任となり、初めての出席を取り始めた時に、私の後ろの席のテツオが大きな声で
「わ〜やっぱりデブだぁ・・・・」と大きな声で叫んだのです。
教師になりたての先生は、驚きで真っ青になった後で急激に怒りをあらわにして、教壇を飛び降りると一目散に私に向かって
走りよりました。
「エーッ・・僕じゃない」と気弱な私はブルブルと震えましたが、後ろの席がガタンと椅子の倒れる音がしたかと思うと、テツオは脱兎のごとく机と机の間を逃げるのが目に入り「あ〜良かった」と胸をなでおろしたのです。
しかし、数秒後に安堵感とは裏腹に私の人生を左右する「大事件」が起きるとは、新任の彩子先生もクラスの全員もそして私自身も予想だにしない展開が待っているとは・・・。


 




日ハムは新庄、金子の活躍でリベンジ





日ハムVS中日の初戦は、日ハムファンとして何故かすっきりとしない試合運びのせいか、イライラも頂点に達し、ついお酒の飲み過ぎで昨日は完璧にダウンしました。
九占舎のお客様には、勝手な予約延期の依頼となった人もいて申しわけありませんでした。
反省の意味も込めて、昨日はお酒抜きでの応援(実際はお酒を受付ない状態でした)
さあ今日は勝つぞと期待をしてチャンネル/
オン。
おやおやヒチョリがセンター前ヒットです。 賢介が手堅く送り、さぁーガッツの出番ガッツはプレーオフに入ってから調子が落ちています。何かがおかしいのは、本人も判っているのでしょうが、力みすぎか何処かの具合が悪いのか心配です
ガッツは初回1死2塁のチャンスも、敢え無く三振「わぁーお」昨日の悪夢が再び頭をよぎりました。
次のセギが打てなくては、「もしかして2連敗・・?」いやな予感 ところが、ところが、セギの打った球は強いショートゴロでしたが、当たりが強くとライブがかかっていたのと、ヒチョリが壁になったせいか、ショート井端は後逸。球はコロコロと後方に・・。
「よし今日はツキがあると、初回の先制点で確信しました」
守りに入った1回裏には、井端のホームランが飛び出しましたが、八木君の調子は悪くありません
後続をしっかりと討取ったのが、その証拠です。
結果はご存知のように、新庄が稲葉を一塁に置きライト前のポテンヒット、金子の逆転打で勝ち越し。セギの駄目押しHRで安全圏へこうなれば日ハムペースですから、
日ハム5−2中日は当然の結果でした
逆転打を打った金子はペナントレースの後半では、美味しいところで活躍が続いていましたから、彼を甘く見た落合監督のミスでしょう

さあ火曜日からは、いよいよ札幌ドームです。3連戦のチケットは手に入っていませんが、もしかしたら内野席が手に入るかも
現在は連絡待ちです明日は金村で戴きます。ガッツの調子が戻れば、DH制なので日ハムはホームと言うこともあり絶対に有利です。当たりの戻らない稲葉も過去3度の優勝経験を生かして、シリーズ優勝を「いただきま〜す」




二日酔い




悲しいことに今日は完全に二日酔いです昨日ついに日本シリーズが始まりました。
我が北海道日本ハム2−4中日ドラゴンズという結果は、ダルビッシュで1勝ともくろんでいた日ハムファンにとって、ショック以外の何ものでもありません。


おかげで目の前にあった佐渡の銘酒「真野鶴」はあっという間に底をつくことに もう自棄酒です
確か負けが決まった時間にはふーちゃんが、ビールを携えて来たのは覚えていますが、記憶はプッツン


一升瓶が見事に空いた後に飲んだ焼酎が、私の脳細胞を破壊したようです。


さあ今日は八木君に踏ん張ってもらい1勝1敗のタイに持ち込んでもらいましょう


でも昨日はダブルのショックだったんだよね〜


日ハムは今日は勝つ!!でもコンサは神戸に1−4で完敗。まぁ出だしは好調だったのに、ズルズルと堕ちだしたら


止まらないのが悪い癖だもんね。あ〜ぁ情けない。前にも書いたけど一体どうして勝てないのか

監督、コーチ陣は総入れ替えしなきゃあ駄目って誰もが思っていたはずなのに、フロントを含めて責任を取りなさい。


こんな状態なら、永久にJ1は無理ですね。遊び半分の天下り体質から離れて、本気で選手の育成をしないと選手養成所のままで終わります


本気で好い選手を獲得するなら、高い買い物であっても道民は応援をするでしょう。サッカーの監督もプロ野球の監督も結果が総てなんだから、勝てないならシーズン途中でもちゃんとけじめをつけなきゃ選手も腐る


再度岡ちゃんに頼むとか、そうでなければ野々村もいる。また若いばかりじゃサッカーは勝てません


ベテランと若手が融合して強いチームが出来上がるぐらいわかっているしょ!!


あぁ〜本当にいやになっちゃうね〜


 




不倫の功罪




不倫に関しては今までは否定的なことを述べてきましたが、それでは一方的過ぎるかぁー
と言うこともありプラスに働く不倫について書きます。
現在不倫のトラブルに巻き込まれて悩んでいる人は、あぁ〜自分には当てはまらないなぁと思えば見るもよし見なくてもよしです。
結構、前回までは「不倫」「恋愛」について書くと、様々な意見がここでもmixiでも寄せられましたから厭になったら「飛んで」ください。

そもそも男と女という人間社会では、生きていれば様々な恋愛観があるのはごく自然です
ですから好きになった男性や女性に恋人や妻(夫)がいたとしても、当たり前の話です
ただ自分の感情が抑えられずに、あるきっかけが原因で男女の深い関係に陥ったとしても、周囲がどうのこうのと言う権限はありません
妻がいる男性が魅力的な人物で、家庭では報われない生活をしているとしたら、母性本能豊かな女性は哀れみが愛に変わることはままあることでしょう。
反対に女盛りを「疲れている」の一言や性の不一致で拒否をされたり、夫の協力もなく子育てに追われて気が付けば青春時代は遥か遠くに過ぎ去った女性は「生きている証明」を得ようと不倫に憧れるのも自然な流れです
ただごく一般的には踏み込む勇気があるかないかで、一歩踏み込めば総てを捨てても良いという環境にある人は、新たな人生を探るために最後の一線を越えるのだと思います。


夫の暴力で悩んでいる人や妻に対する不満が絶えない人は、不倫に走ることで「別れる勇気を得る」事も多く、そういう意味では「不倫は悪」という論理は消え去るかもしれません
確かに世の中の「夫婦」総てが幸せであれば不倫という恋愛もも少ないでしょう。
「不倫は景気にも左右される」まぁこれは私の持論ですが、「景気」が悪ければ経済面でも不安が生じ、買いたいものが買えなければストレスもたまります。結果夫婦の諍いも増えて家庭不和を招いたり、浪費が原因で金銭トラブルに巻き込まれます。世の中お金が回れば「平和」当たり前のことですが、どうやら北海道と沖縄は南北で取り残された島ですから不倫・離婚も多いのでしょう。
悩める夫婦にとって不倫は「新たな旅立ちの決断」にもなりますが、時としてその代償が高くつく時もあるのでご注意を・・。

過去にあった話ですが双方がW不倫をしていて、女性は別れる気がないのに男性が夢中になり、妻子とも別れたまではいいのですが、女性がはっきりとしません。
「俺は別れたのに・・いつ別れる?」と聞いても、何時も優柔不断な態度をとる相手に、ついカッとなって出た言葉が彼の転落の始まり・・良くある事です。女性はいつ別れようかと思っていたのは、不倫の男性に対してですから「渡りに船」だったのでしょう思い込みが激しいととんだ悲劇を自ら招くこともあります
当然にその反対もあるのが男女の仲です。ご注意下さい。
W不倫の場合(再婚者同士も)に天格と外格が同じ数(吉数)か基本数が同じだと、再婚をしても上手くいくケースが多いようです。それは過去の経験を糧として、相手に対する思いやりなどの犠牲的精神を発揮することが多いからですが、
凶数が絡むと悲惨な結果に終わるのでこれも注意です。特に9、10、12、14、19は絶対に駄目です。

まぁ不倫経験は相手を見極める目が確かになるのもプラスに働きますが、出来ることならごたごたには巻き込まれないほうが得策だと思いますよ。


 


 


 


 




事件・事故と名前の関連性




奈良県で出産中に病院をたらい回しで亡くなった主婦「高崎実香」さん(32)というお名前は、姓名判断では天格21画
人格19画、地格17画、総格38画、外格19画、愛情運28画という運格配置になります。
姓名本体には19画、28画の大凶運数が3運格もあり、人格と外格19画の病気は頭部の病気と怪我を示しています。
またこのパターンは横同格(同じ数もしくは基本数が人格と外格に揃った場合)になりますから、事件・事故・病気には
要注意のお名前になっていましたまた外格19画と家庭運28画が共に太凶運数ですから、家庭面では本人もしくはご家族の方は病気、事故には十分に注意が必要だったわけです。
結婚前の姓が不明なので結婚前の運勢は判りませんが、結婚後に姓が変わり悪運勢をもたれたのは間違いありません。
このように結婚によって運勢が変わる場合というのは良くあることです。
当舎の相談者の中にも結婚前(入籍前)は何の問題も無かったのに、結婚後は何かしら不運に見舞われるとか夫婦関係がしっくりとせず「不安感やイライラ感がとても強くなった」という例は沢山あります
それが姓が変わった事が要因とは、多くの人は理解をしていないのは当然かも知れません。
姓名判断には改名という方法で悪運勢を逃れる方法がありますが、まさに結婚によって姓が変わるということは、吉名の人が凶名に改名をするという結果になることもあるのです。
このブログを見て「えーっ、私も人格と外格が同じ(横同格)だ〜」という人がいるかも知れません。
でもご安心下さい横同格を持つ人すべてが不運に見舞われるという訳でもないのです本体の運格(天格・人格など)に問題があっても、小泉前首相のように姓名のバランスが良ければ災難を事前に察知し、危機を逃れることも可能なのです。
もしこのブログを読んで「私の名前はどうなんだろう?」と思われた人がいれば、「九占舎のホームぺージ」からメールでお問い合わせ下さい。






●お試しセットのお申し込みは、今すぐコチラをクリック!

「ザ・センチネル/陰謀の星条旗」


事部屋で空き時間を利用してDVD映画やスポーツビデオを見ることは度々ある私ですが、どうも最近は独り言が多くなったと「口うるさい同居人」に頻繁に言われるのは年齢の所為かも知れません。
一人暮らしであれば気にもならないことなのだろうが、周囲からは突然発する「あぁ・・あ」とか「何でだよ〜」という落胆の言葉やため息に近い不満の言葉は、耳障りな雑音としか聞こえないのは仕方の無いこと・・。
最近の映画は(特に洋画)は、メディアで莫大な宣伝費を遣い宣伝をしているが、以外と大きく宣伝をしている作品に限って期待外れのことも多く見た後で先ほどの「あぁ〜あ」という感嘆詞となって表われる。


先日ネットで評判になっている「ザ・センチネル/陰謀の星条旗」を観たが、主演はM・ダグラスとTVドラマの「24」で今が旬のキーファー・サザーランド競演だから大いに期待(ネットの評価も良い)をしたが、ストーリーの先が読めずにハラハラ感はあるのに、終わった後で物足りなさを感じたのは何故だろう。
物語はアメリカ大統領を警護するシークレットサービスのお話。M・ダグラスとK・サザーランドは部署は違っても先輩と後輩の間柄で、過去は親友でもキーファーが妻を寝取られたという思い込みから、今は・・・。
キーファーをサポートする新人捜査官にはエヴァ・ロンゴリア(TVドラマ デスパレートな妻たち)、M・ダグラスとからむ大統領夫人にキム・ベイジンガー(8マイル/
LAコンフィデンシャル/ ノー・マーシイ)とキャストはまぁまぁ。
大きなどんでん返しはないけれど、途中で席を立つという出来ではありませんでした。
この映画の主演二人の共通点は、父親が共に有名な俳優と言うところでしょう。マイケルの父親はカーク・ダグラスですが、
私の好きな西部劇「OK牧場の決闘」でのドク・ホリディ役は秀逸物でした。
一方、キーファーの父親ドナルド・サザーランドは、映画ファンでなくても名前は知らなくても顔を見れば誰でも知っている性格俳優の一人。
ヒール役も多いが最近では南北戦争を題材とした「コールドマウンテン」で、二コール・キッドマンの父親役で存在感をあらわしています。
最近作は当たり外れも多いけど、16ブロック -16 Blocks- (ブルース・ウィリス) アサルト・オン・プリシンクト13(イーサン・ホーク)ナイロビの蜂 - The Constant Gardener -は見て損は無い映画でしょうね。


 


 



 





札幌は秋から冬へと・・・荒れ性肌には馬油

<


昨日道北の幌加内町では氷点下を記録し、いよいよ札幌も短い秋が過ぎ、本格的な冬到来の前兆が感じられます。
一昨日は、日ハム優勝ということもあり、試合が始まると共に「自家製ちゃんこ鍋」に地元の北の誉酒造が出している「鰊御殿」を知らず知らずのうちに「痛飲」
興奮をするとあんなにもスイスイ喉元を通り過ぎるとは・・・
友人のタクマ君と一緒に「鍋を囲んで応援」と・・思ってはいたものの、仕事に手間取っているのか彼は来ないし・・・勝った勝ったという時には、四合瓶が空。
飲みすぎです。日ハム勝利!! 万歳三唱!!いや五唱

タクマ君は5分後に遅れて登場!!何故か何時も間が悪い(許せ)
その後午前一時までウィスキーを・・ここから記憶はプッツーん。
彼が帰ったのまでは覚えているが、記憶が見事に飛んだようです。
ちなみに彼はウーロン茶でつき合ってくれました

さて翌朝・・・何かおなかの調子が悪い・・そういえばここ数日便秘気味だったことに気がつきトイレに・・あぁ〜うぅ〜〜ズッキン〜と激痛。
切れたぁ〜。日本沈没です。
さあこれからが大変!!シャワーを浴びて、馬油、馬油の連呼。
そうです「切り傷、火傷、肩こり、痔には馬油です。
これを塗れば流石ー我が家のガマの油ー1〜2日で良くなるでしょう。

意外と知らないのが馬油の効能。薬事法にかかるのでどこのメーカーも謳ってはいませんが、様々な面で効力を発揮します
昔の人は肩こりや冷え性(浸透力が強く血流を良くする)に良いとか、切傷・火傷に良い(殺菌力があり熱を除去)ということは知っています。
ところが最近になって九州大学の研究では、紫外線をカットするということが判り、プロポリスや甘草、ヒノキチオールを混合した馬油は肌にも良いということで
アトピー性皮膚炎の方やトラブル肌の人にも愛用されているのです。
また以外にも毛髪のトラブルには効果があるということで愛用者も多いようですが、使い方によっては効果が余り無いと言う事も・・
その他では蓄膿症の方、風邪の予防(鼻に塗りこむか液状馬油をたらしこむ)
慢性の便秘症の方(お臍に就寝前に塗りこみます)
手足のケア、水虫(殺菌効果)
魚の目(辛抱強く毎日塗るとある日ポロリと取れた人がいますー娘ですが)
腋臭(やはり殺菌効果ー息子は長年塗っています)
シミと痣(青痣や火傷の痣ーある日突然に取れた人が多数います)
老夫婦の和合にも効果ありなど使い道は色々です。
☆メーカーは熊本産、道内物と色々ありますが、生肉を加工している物がより効果があると言われています。ちなみに私は長年熊本産を利用していますが・・。
詳しくはネットでお調べ下さい。新たな発見があるかも。

日ハム優勝で万歳!!

昨日の朝刊やTVの道内ニュースは「日ハム25年ぶりの優勝!!」
それにしても移転3年目で、パリーグ制覇を確信していた人はいただろうか。
そういう私もまったく予想だもしない嬉しい展開には、多少戸惑いを覚えながらの
テレビ観戦でした。
北海道は一昨年の駒苫の奇跡ともいえる甲子園優勝から、野球ブームが起こり
サッカー人気を押しのけてきていたのは確かでしょう。
北海道と言えば冬のスポーツ大国で、スキー、アイスホッケーではいまだに強さを
誇っていますが、最近は変化が起きているのも確かです。
たとえば陸上競技では、200Mでアテネオリンピックに出場した高平慎士や100M
女子では北風沙織(浅井学園)も高校時代からTOPクラスで活躍をしています。
冬の箱根駅伝でも最近は道内出身者が3〜4名はメンバーに登録され、女子駅伝ではホクレンが東日本では実力を延ばしてきているのが現状でしょう。

このようにスポーツ界に変化が現れてきたのは、ひとつは冬でも練習が出来る設備が整ってきたことと、地球温暖化の影響で「暑い夏が多くなった」とはいえ、まだまだ北海道は涼しく夏場の練習に適している環境が上げられるのでは・・。

今後も指導者に恵まれれば、夏冬の季節に関係なく北海道はスポーツでは大きく飛躍をする可能性を秘めていると思われます。

その様な中で「北海道日本ハムの優勝」は、意味がとてもあることです。
セの優勝チーム中日は手ごわいでしょうが、荒木、ウッズ、福留をしっかりマークすればソフトバンクととても似たチームです阪神と中日では恐かったのは阪神のほうで、中日が優勝したことはシリーズ優勝のチャンスが大いに近づいたと言えます
先発投手陣は日ハム有利で、打線は五分五分でしょう川上、山本(昌)を打ち崩せば(松坂(西)、斎藤、和田(ソ)よりも打てます)4勝2敗でペナントは我が日ハムのものとなりますmixiでは稲葉&新庄の活躍で優勝と予言をして見事的中でしたが、日本シリーズではセの経験が長い稲葉と選手会長金子の活躍で、新庄の華々しい引退を飾ることを確信しています
ナゴヤドームが待ち遠しいプーさんです



イルマーレ

韓国ツインパック1 イルマーレ/春の日は過ぎゆく

松竹

このアイテムの詳細を見る


韓国映画では秀逸の作品として、以前のHPで書いたことがありました。
すでに3〜4年前のことになりましたが、今度はリメイク版としてキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックで公開中かと思います。

韓国版(ご本家)は主人公のチョン・ジヒョンは「猟奇的な彼女」で韓国映画を
日本で一躍メジャーにした女優です。冬ソナよりも前の有名人と言えます。
その他の作品では「僕の彼女を紹介します」(面白いです)があります。

相手役はイ・ジョンジェですが彼の作品も好きです。黒水仙、Interview、純愛
譜、情事とすべて見ましたが、この中で好きな作品は黒水仙と情事でしょうか。
そうそうそれ以外にも愛を失った女と記憶をなくした男の恋の物語「オーバー・ザ・レインボー」もありました。
なんと彼の作品で観た映画はと数えたら9作品・・うww結構ファンかも。
黒水仙は大ファンのアン・ソンギ(渋いです)が出ているのも見所。

まぁイルマーレのストーリーは「時空愛」という題名(日本では)の通り2000年と1998年に生きる男女のラブストーリィ。
ラストが・・・と言うところで(ちゃんちゃん)
「春の日は過ぎ行くは」前に書いたと思うので、ご勘弁を・・です。

世界を知る大人の一枚 ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースク
ラブカード










おにぎりあたためますか・・で言っちゃったぁ〜







昨夜の「おにぎり・・」はいよいよ麻美ちゃんの故郷函館へ・・

豚一家はあいも変わらず食べています

痩せの大食いとは良く言ったもので「一体どこに入るの」と思うファンも多いはず

皮下脂肪に悩まされている私は、羨ましい限りです

事務所(鑑定部屋)では、よく九占舎の会員の皆様(普段は言わない)と飲み食いの会を開きますが

あれほど食べる健康な人は誰もいない絶対にいない。

番組ですべて完食ではないと思うが、うんざりとした顔の洋ちゃんを見ると

やらせでも無いことは確か。佐藤麻美アナは「大食い選手権」に出れば、予選通過

も夢ではないと感じましたー(ホント)

でぇー大沼を過ぎての「ロケバスの中で」やっちゃいましたー重幸君・・

俺も「北海道完全制覇の旅」やっていいよ!!嘘でしょう

やれやれ(けしかけではない)また口が滑りました

本当にあるのでしょうか?オクラホマと一緒に過酷な旅が出来るの??

でも楽しみが増えましたねー  期待に腹が震えます

そうそう九占舎のお酒好きのみなさん。私がお酒を飲む時に食べないのでなく

皮下脂肪が邪魔で食べれないのです。

その辺気を使って食べてください

小林薫被告の死刑確定へ

たぶん今朝の朝刊にはこのような見出しが大きく踊っているだろう。
言うまでもなく奈良県で起きた女児誘拐殺人事件の犯人だが、過去にも数件の犯罪歴があるので「誘拐殺人」という重罪を加味して、結果は当然と言う声が多いのかもしれない。
過去には殺人犯であっても、事件のバックボーン次第では短期で刑を終えるという事も多かったのが、時代の流れと共に判決の早期化と世論に迎合した裁判所の判断もあり、オウム真理教の麻原某から小林薫という極刑の流れは止まることはないのかと、多少不安感も覚える。

殺人罪は犯した数で決まると言うのは、以前から不思議に思っていたことで、ここで納得のいかないことは、たとえ理由があっても無くても我が国の「刑事訴訟法には時効」と言うものがあると言うこと。
強いては先頃話題となっている「女性教師殺害の犯人」は20年の時効成立と言うことで、のうのうと年金を貰い生きていることは、親族の心情を考えてもまったく憤りを感じる。
また不思議な因果か、被害者は道内の小樽市出身。
そして犯人も小樽市で生まれ育っていたとは・・・見えない因縁を感じたのは私一人ではないだろう。
床下に埋めた死体と共に20数年暮らすとは・・、この鬼気迫るおぞましい生き方は、人間として一体どのような心理で生きていたかを聞いてみたい。

先日、或る人が「小林薫」という名を聞くと、俳優の人が頭に浮かぶと言っていたが、小林薫が本名かどうかは判らないので詳しくは・・・
その後、ネットで調べた結果・・本名か否かは判らないのが現在の状況。
私も好きな俳優なので詳しく調べてみようと思うところ。

いずれにせよ「小林薫」と言う名前は、姓名判断でも大いに問題ありと言うことは
鑑定に出てくるので、追ってHP上で加害者、被害者別にわけて判断結果を出すこととします。

簡単に結婚&離婚・・一体何?





最近は良く判らないことがとても多いですね。

昨日は北朝鮮が核実験をしたりあんなに反日感情が強かった中国や韓国が

小泉前首相よりナショナリストの現首相が訪中、訪韓をするといえば気持ちの

悪いくらいさっと手のひらを変えるとか・・

それぞれがお国の事情はあるのだろうけどなかなか政治というものは理解しがたい

理解しがたいといえば、最近北海道で多いのが「離婚」

結婚年齢が上がっているのに30〜40代の離婚に関する相談も多いねー。

離婚予備軍は団塊の世界にも数多くいますから、これから一体どうなるの

今でも核家族化が進んでいるのに、どんどん家族がバラバラになれば色々な

事件も増えるし、福祉では税金が沢山出て行くから、札幌も破産かもよ

また一度離婚をして再婚のパターンも増えているようですが、女性は一度離婚を

するとなかなかチャンスが巡って来ないの知ってるのかな

なのに増えているのは何故?と考えればやはり一度家庭を持てば、男女ともに

一人暮らし(子供との生活)は寂しい・・当たり前・・

そんななかで過去に問題のあった男女が再婚をすれば、過去を反省して・・・なら

いいけど、大抵は共に便利だから一緒に暮らすんだよね

安易過ぎる そして子供がいれば子供を巻き込んでのトラブルです。
そのころは女性はいいおばちゃんになっているから恥も外聞もなく、夫を責めて

また離婚 いい加減にして欲しいけどね。

でも九占舎はそういうトラブルが多いから仕事になるんだよね

思うに今の人は(爺の言い草)甘ったれが多く、自己チュウで辛抱と二文字は大嫌いと来ている

子供が好きとか貴方の子供が欲しいといって生んだはいいけど、

「こんなに子育てが大変だとは思わなかった」とか、なかには「私は(俺は)もっと遊びたい」だと・・・バカヤロー何考えているんだか

まだ犬や猫のように動物の方が愛情もって子育てをするぞ〜

頭にきている昨今です。

大泉 洋&鈴井貴之



いま北海道で最も旬なタレントは誰と聞いたなら、「だれかなぁ〜」

「テレビで良く見るのは大泉洋でないの」と答えるでしょう。

江別市に生まれその後札幌に転居し札幌オリンピックで全国的に知られるようにな

った真駒内にある「真駒内南小学校」に通う。

当時は札幌圏には、サッカー少年団が雨後の筍のように生まれ、

真駒内南小学校(マコミナ)もサッカー強豪チームであったはず・・。

彼がサッカー少年団に所属したかどうかは判らないが、その後高校は札幌藻岩高校

から北海学園大学へ・・札幌藻岩高校といえば、かの「杉村太蔵センセイ」の母校です。

 大泉洋と言えばHTBテレビでの鈴井貴之との名コンビで一躍有名になった

「水曜どうでしょう」が出世作になります。

当時はマイナーな深夜番組の感があり、捨てられた粗大ゴミを集めてテレビ局の

駐車場で居住空間を作るなど「今迄とは変わった番組」で面白いキャラのタレントが現れたな〜

位にしか思わなかったのを思い出します。

その後10年を過ぎて「俳優、声優、歌手」と大活躍をするマルチタレントになるとは、

当時テレビを見て笑っていたファンの誰が想像をしたでしょう。

判っていたのは脚本を書いていた「オフイスキュー」の社長、ミスターこと鈴井貴之

ひとりだったかもしれません。

過去に北海道で圧倒的な人気を得た(今でも人気はあるかも)松山千春は「俺は絶

対にここ(北海道)から出ない」と言い、テレビ出演を断り続けた時代がありましたが、

大泉洋を含めた「チームナックス」とかぶるのは「東京がなんだ!!」という

北海道に根ざした「開拓精神と道産子」のDNAなのでしょうか。

ちなみに鈴井貴之は2001年「man-hole」2003年「river」 2004年「銀のエンゼル」と

映画監督をしていますが、私が観た映画は「River」「銀のエンゼル」2本ですが

作るにしたがって、「鈴井ワールド」を感じさせる出来となっている気がします。

今はラジオに活躍の場を移してテレビでの出演は再放送のみですが、「北の国か

ら」で富良野という街が注目を浴びたように、道内の離島などを題材に錆びれ行く

漁村とそこで生きる若者などにスポットをあてた映画つくりを希望しまが・・・。

さて「どうでしょう」






脇田寧人




一昨夜深夜にローカル番組で「ノブナガ」」(CBC中部日本放送)の 再放送を見ました。

ワッキーが日本全国を地名シリトリをして歩く番組で、三重県津市に戻ればゴール!!
(多少あいまい)という番組ですが、 ワッキーの悪戦苦闘が結構楽しかった。
北の果てから沖縄まで・・さあ今度はどこに飛ばされるの?というスリル感
がなんとも言えなかったけど「体力勝負」の番組は、見ているほうは気楽なもの・・
印象的だったのは宇和島の「ジャコ天屋さんのおばさん」や沖縄での老人
との運命的な再会・・好きだった人も多いんじゃあないかな。

北海道では今「おにぎりあたためますか」という番組が人気を集めています。
企画制作はオフイスキュー。
水曜どうでしょうで大泉洋や安田顕(ヤスケン)などをメジャーにしつつある
鈴井貴之。なんともバタ臭い(古い表現)彼ですが、プロデュース力はかなりなものです。

「おにぎり・・・」は、大泉、佐藤重幸、佐藤麻美(HTBアナ)が
北海道そして全国を周り「名物料理や名産品」を食べに食べまくるという、
まさに美味しく過酷な番組(笑えます)その番組後半には北海道内を双六で
歩くというコーナーがありますが、この担当がオクラホマという道外出身の
タレントですが、これは「ノブナガ」のワッキーにも共通しています。

さて「ノブナガ」でのワッキーは、過去に羅臼に飛ばされた時「地元の友人」の
サポートでというくだりがあり「あれ!彼って北海道身??」と思いましたが、
最近になって彼のプロフを調べてみると「出身は北海道というのもあれば、または福島県」とバラバラ??

さて・・はてどちらなのでしょか?つまらないことですが道民としては
なぜか気になる情報です。
私の勝手な推測では、彼は釧路市または根室に生まれ、その後父親の
転勤もしくは転職で福島県に移るというところでしょうか?

しかし、彼のサッカー歴はなかなかのもの・・市立船橋では国体優勝と
ありますが、専大中退というのが彼らしい。
相棒の中川秀樹は卒業しているのに。 (彼のほうが華々しい経歴持っています)

専大サッカー部といえば、記憶違いでなければ私が幼少時から知っている
「山崎達也君」も札幌月寒中学→私立札幌第一高校→専大という進んだはずだったので、
もしかしたら彼たち (ペナルティ)とは同窓もしくは彼らが一期後輩かも・・。

なんとなく好感を覚えたのは、サッカー好きの私としての直感(^▽^笑)
極楽とんぼ(解散)の加藤浩次(小樽潮陵高校)、は1969(S44) 生まれだから
2〜3歳年上。彼も一時は北海道選抜に選ばれたそうだからなかなかだが、
差は大きいものがあります。
ワッキーは最近筋肉番付など肉体派での活躍と「草刈機」などの一発芸で頑張っていますが、
寧人(ヤスヒト)という名前に負けずに階段を一歩一歩上っていずれは
サッカータレントに変身もあり?・・・・
ただ相棒の中川秀樹の影が薄いのが気になりますけどね

結婚しない人





九占舎を訪れ姓名判断を依頼する人は、何らかの悩みを抱え解決の道を

探る為に訪れるわけですが、男女を問わず圧倒的に多い相談は「結婚」と

「家庭」に関する愛情面の悩みです。

恋愛=結婚というパターンは、数10年前迄は当たり前という時代でしたが、

恋愛に対して臆病な男女が増えたのか、「結婚」に対する魅力が失せたのか

良く判りませんが、「恋愛下手」な男女が増えたのも結婚適齢期なのに、

結婚を見送る人達が多くなった要因かなと思います。

まあ結婚をしても夫が外で働き、妻は家庭で子育てというパターンも少なく

なり、大多数が「共稼ぎ」をしなければ、子育ては出来ないという事情も

晩婚、少子化現象に拍車をかけているのかも・・。

また離婚率の急上昇も影響を与えてるのかも知れません。

周囲の友人が若くして恋愛結婚をしたのは良いけれど、「夫や妻の浮気」や

「経済破綻」での離婚を間近に見ると、当然に結婚に対する憧れも無くなります。

その様ななかで悩み相談のNO1は、恋愛と結婚後の夫婦問題に関するものです。

圧倒的に女性客が多い昨今は、まさに女性主導型をひしひしと感じますが、

男性陣は「一大奮起」をしないと晩年は妻も子も離れ「孤独な」人生となると

警告を与えておきましょう。

「勝手気儘も40まで」ですから、しっかりと褌をしめてかからないと

前門の虎と後門の狼という状況に追い込まれ、哀れ餌食になりますぞ〜。


一方、悩み多き女性陣も結婚をしていない女性の三十数パーセントが、

も統計では現在恋人がいないとのことです。

当舎の統計では、名前のなかに9・12・22画や14・19・26画の

凶運数を持つ人や、16・21・23画の吉運数を持つ人(バランスが悪いと)

は、結婚が出来ないか晩婚となるので注意をして下さい。

名前の吉凶は必ず運勢に影響を与えます。

九占式姓名判断の「命名・改名のコツ」でお調べ下さい。







滝川市教育委員会に思うこと





札幌は秋晴れですが昨日・今日と厭なニュースが続いています。

アメリカでは小学生児童が牛乳配達の男に学校を占拠され、次々と頭部を撃たれるという悲惨なニュースが・・。
何か毎年同じようなニュースを聞く度に、「何故」という疑問が湧いて来るのは、私だけではないでしょう。

また私の住んでいる北海道でも、先日は幼児虐待で24歳の母親と同棲中の男が子供二人を暴行死・・
あぁ本当に何をやっているのか。
名前を見れば母親は望美(ノゾミ)男は淳、私のHPでも書いているように、
付けてはいけない名前でした。
どちらも名前の画数は凶運数です。凶数で濁音の入る名前や一字名(淳の文字も陰のパワー)
ですから、分解をするまでもなし。

世のお母さんやお母さんは、子供さんの名前はちゃんと付けて下さい。
姓名判断は迷信ではありませんから。

さてさて今問題になっている滝川市の女児自殺事件ですが、まったく怒りを通り越して呆れ果てました。
遺書が7通もあるのにイジメと認めず、昨年から放置していたとは言語道断です。
この期に及んでも、「いじめられたと書いていないから、イジメじゃない」とは、
何とまぁー役人根性丸出しではないでしょうか。
たしかにまったく育ち(躾け)も性格も違う子供が、学校というコミュニティで共に学び遊ぶというなかでは、
人付き合いの出来ない子供は疎外感にとらわれるといっても、教師やそれを指導する教育委員会が
逃げを打ったら、正義はどこにあるのですか。
今の教師や校長には、あまりにも問題があるのは周知のことですが、
このまま進めば日本の教育制度は崩壊をするでしょう。

今の政権は「教育基本法の改正」を掲げていますが、教育に対しての理念もない
現在の教育者を総点検して、問題のある教師には再教育のペナルティを科すべきです。

また先日あるテレビでは、どこかの教育評論家が「親が悪い」ただし
「制裁教育は駄目」と語っていましたが、親の保育園、幼稚園への依存症にも問題はあっても、
悪いことに対しての制裁が何故悪いのかがさっぱり判りません。
痛みを知らない子供は、大きくなっても痛みが判らないから、事件を平然と起こすのです。

いいたい事は山ほどあるのですが・・今日はここでやめます。
しかし、教育教育と叫ぶ政治家はもっと真剣に取り組んで欲しいものです。
とはいっても「今度の文部大臣」は、何もせずに終わるでしょうが・・。


札幌は初秋



札幌は朝夕になるとすっかり冷え込んできました。

おでんに熱燗の季節なのかもしれません

おでんはやっぱり関西風が一番ですが、最近は酔うと子虎までも行かずに

瞼が重くなるのは年のせいでしょうね。

また話がくどくなって来ているのは、これも年のせい、

清潔感に欠けて来ているのもそうだという事にします

先日古いお客様から、○○ちゃん結婚したよ!!と連絡がありました。

確か娘の高校の一期先輩ですから、今年21歳でしょうか。

別の共通のお友達からも聞いていたので「そういえば結婚をすると言っていた」

と思い出しましたが、付き合ってどの位かは判りませんが、両親も友達にも

愛されて育っているので周囲は賛成をしてのインでしょう。

喜ばしいことです

ただし、気がかりがないとは言えないのは、確か彼女はお父さんを含め

家族で改名をしているので、姓が変われば運勢も変わるので、果たして

どちらの名前を使っていくかです。

さほど心配はないとはいっても、まったくではありません。

もしこれを読んだら連絡を・・とどなたか伝えてください。



09 | 2006/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR