桃の節句って?





 



ひな祭りは3月3日
もう明日からは3月ですから、女のお子さんがいれば雛人形が並んでいる家も多いのでしょうね
我が家は娘が独立をして一人暮らしですから、今年は雛人形は飾っていません

例年なら灯りをつけましょ雪洞に〜 の時期なのでしょう。

ところで「ひな祭り」っていつからあるのって聞かれたら・・・
詳しく知っている人は余程の物知り・・??
私が知らなかったこともあるのでしょうが、調べてみると「なるほど〜!!」と一人納得


桃の節句というのは桃の花が咲く時期にあたり、本当は「上巳(じょうし)の節句(供)」と言われていたのですね。知らなかったです。
私が知っていたのは桃の節句と端午の節句(5月5日)、それと七夕の節供(笹の節句)くらいです。1月7日の七草粥の日は「人日(じんじつ)」で、9月9日は重陽(ちょうよう)の節句(菊の節句)などとはまったく知識不足でした。

いずれも中国から伝わったものですが、詳しく知りたい方はこちらにどうぞ。
結構分かりやすく説明されていますよ。
いずれにせよ3月3日は女の子の厄祓いをして健康を祈る行事とのことですから、私は娘を呼んで白酒(にごり酒)を飲もうと思っています


 


 




スポンサーサイト

韓国映画 「モノポリー」は結構いいよ




最近ハズレが多い韓国映画ですが、昨年韓国で公開をされた「モノポリー」は結構楽しめる映画でした。あらすじは過去はカイスト(KAIST:韓国科学技術院)出身の天才ハッカーで、今は金融関連のコンピュータ専門家になっているキョンホ(ヤン・ドングン)とカリスマ性あふれる魅力的な事業家のジョン(キム・ソンス)が、大韓民国の全国民のカード口座から小額を引き出して天文学的な資金を得るというプロジェクトを実現する男の交錯した欲望を描いた犯罪物 です。この二人に絡むのがユン・ジミン扮する謎めいた女性のエリー。


 冒頭は1億を超える全国の口座から5兆ウォンを超える金額が引き出しされ、すでに容疑者キョンホとエリーは逮捕され国家情報院での取調べのシーンから始まります。

まぁ最後までキョンホ役のヤン・ドングンの演技が光ります。


主役のヤン・ドングンは、過去に「最後の狼」での地方都市に自ら進んで配転を希望する刑事役や「風のファイター」で大山倍達役などを演じていますが、今回のキャラクーは今迄のイメージとは大きく変わっていて、ちょっとビックリをしました。

相手役のキム・ソンスはまったく知らない俳優ですが、ニヒルさがなんともいえない味があり将来は活躍をするでしょう。

唯一紅一点のユン・ジミンは、モデル出身で韓国のシャローン・ストーン(?)といわれているらしいです。これから期待の女優でしょうね


(ユン・ジミン 1979年9月12日 生まれ 173cm 53kg)  




再度、富良野へ


(富良野市布部にある冬の成田山布部不動堂)<今年は例年に比べて、雪がまったく少ないと御住職のお話でした。富良野市内はもっと少なかったような・・・・?><o:p></o:p>




 先日の10日から11日にかけて今年初めての富良野行き。遊びならいいのだけれど、
今回も仕事がらみの雪道運転でした。天気も良く道路も積雪はゼロ
岩見沢〜三笠〜富良野の山道は、車も少なくドライブ日和
札幌から富良野までの所要時間は2時間半で無事に到着



ところがmixiでも書きましたが、富良野にはが非常に少ないから驚きでした。
いったい今年の気候は、どうなってるの状態です。札幌も例年に比べると積雪量は少ないのですが、
それにしても内陸部の雪の少なさには、地元の人も不安を感じているようでした



やっぱり暖冬というか、異常気象でしょう




富良野に着いてからは、予定よりもかなり早くついたこともあり、節分に行くことが出来なかった
布部にある成田山布部不動堂へ向かいました。
ここのご住職は、3月いっぱいで引退まだ若いのに・・とは勝手な思いでしょうか。
多分お会いするのは、最後かと思い伺いましたが、この日は札幌からの大切なお客があったようで、
ご本尊様に手を合わせ、お札を購入し富良野へ。名物の羊羹も戴きました
このお寺とは、かなり前からのお付き合いですが、帯広に出張鑑定をした夏の暑い日に寄らせていただいたのが二度目・・定かではないのですが・・?
初めての時は冬だったような・・その頃霊的現象に悩まされていて、その時が初めての訪問



だったような気がしますが・・・。
まだ前住職が存命の時でしたから・・記憶って曖昧なものです。
朝は天気も良かったのに、お寺を出る頃は空はに・・嫌な予感が。



その後は、富良野市内にある「レストラン野乃花」でお客と待ち合わせ。ここで大変難しい相談に乗る事になりますが・・・運命はともかくここ数年の運勢が悪くても頑張ってください。



富良野と言えば冬はスキー場ですが、北の国からでもこの店の名前が出てきていますが、後に倉本聡氏が脚本を書いた「オルゴール」の撮影に使ったお店の「喫茶 北時計」に初めて行ってきました。
お客様との面談で時間もなく、ゆっくりコーヒーを味わうことは出来ませんでしたが、日曜日の夕方だと言うのに店内はほぼ満席と言う状態。驚きました!!<o:p></o:p>



この日は富良野市内のレストランから移動して、三軒目のコーヒーでしたが、今度はゆっくりと味わおうと思い、夕闇が迫る19時に近くのホテルへチェックイン。
(後で聞いたのですが、ここのカレーが美味しいそうです)

その後は以前行った居酒屋が日曜休日(札幌ではありえない)だったので、
富良野駅近くにある「いろはにほへと」に地元の茉璃奈さんの案内でGO
「いろはに・・」で飲むのは、札幌のお店以来数年ぶりでしたが、あまり期待をしていなかったのが本音だったのに、従業員の接客マナーも良く料理も美味しかったです
値段も安く満足でした!!その後はホテルに帰り、ひたすら爆睡

翌朝、目が覚めると外は粉雪が・・。富良野の朝は「しばれて」いました。
朝の空気のよさは抜群こんなにも札幌と違うのかと、深呼吸を何回もしました
周り一面は、まさにパウダースノーの銀世界。
スキー客は朝から落ち着かぬ様子で、ゲレンデに向かっていました。
私は昨日来た道を一路札幌へ・・何故か交通量は来る時同様に少ないので、本当に不思議の感じました。私にとってはラッキーな富良野行でした。


http://www.moviecaster.net/watch/?v=2AG0-CXIjl3t8gn24

宇宙人






当舎を訪れるお客様には、パターンと言うものがなく、様々なタイプの人が訪れます。

先日訪れた人も、一風変わった人でした。私が時代錯誤的なところがあるのかはともかく、

この時は「言葉」が・・つまり日本語が伝わらない日本の女性だったわけです。

付き添いの女性が、いわば通訳の役目をしてくださったので、何とか仕事にはなりましたが、

普通なら一時間程度で終わるべき説明に4時間近くの説明ですから、「疲れた」が本音!!

以前にも書いた覚えがあるのですが、今の若者には言葉が通じないとは、情けないというより

も学校教育で国語をしっかりと教えて欲しいものです。

特に4文字熟語や中学生程度の言葉は、いくら使うことがないからといってもしっかり教育をし

てもらわないと「日本人であって日本語が通じない」宇宙人の国になってしまいます。

せめて「普段使う言葉」が通じないと、私の仕事もお手上げになります。

ちなみにこの時の女性は24才の立派な成人でした。

雪祭り




(久ぶりに書きます)


例年であれば節分を過ぎた頃には、私の住む札幌は道路脇には雪が積り、道路はアイスバーン状態で交通渋滞は当たり前なのが、今年はかなり何かがオカシイ 道路はアスファルトが露出し車はスイスイと走っているから、今年は一体どうなっているのと思うのは私一人ではないでしょう。
つい先日もならぬが降るなんて、2月の北海道ではありえないこと。

札幌は今日から12日まで「札幌雪祭り」なのに、今も外は雪かと思えば雨混じりの霙(ミゾレ)?

あ〜雪像は大丈夫なのでしょうか?何とか来週の月曜日まではの暖気に耐えて欲しいものです


 九占舎では最近色々な出来事がありました。昨年から続いた運気鑑定もようやく一段落して、ホッとする間もなく依頼は入って来るので嬉しい限りですが、先々週からの体調不良もあって(原因がわかりません)思うように

はペースが上がらず節分の富良野にある布部不動堂行きは断念情けない

(来客中断


それに富良野のMさんに依頼されている「部屋の風水」鑑定もまだ届けていません。

そういうことで延期になった富良野行きは、遅れたけど11日か12日に行こうと思います

私はオトコだから天候が気になるけど、まぁ大丈夫でしょう

01 | 2007/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR