映画 ダイ・ハード4.0

「ダイ・ハード4.0」見ましたw
ブルース・ウィリスの定番物ですが、だんだんと内容もハードになっています。
ストーリーはあるようで、無いようなサイバー・テロ物ですが、ストレスの溜まった時に見るには結構お勧めかもしれませんね。パトカーでヘリを・・打ち落としたり(表現が変だけど)、
まぁ格闘あり、カーチェイスありのド派手なアクションは、まさに「大・ハード」です。

この映画には香港映画育ちのマギー・Gが出ていますが、「あれっ、どこかで見たような女優?」は、トム・クルーズの『ミッション:インポッシブル3』でゼーン役(調べました)で出ていた女性でした。最近は東洋系の女優がハリウッドで大活躍をしていますが、日本人はあまりいませんねー。
私が思い浮かぶのは工藤夕貴くらいですが、やっぱり語学力がないと駄目なのでしょうか。

ちょっと時間があって「むしゃくしゃ」している時に、ぜひ映画館で見てください。
DVDで見る映画ではないかも(私はPCで見ましたが
最近のシリーズ物では面白いほうでしょうね。
「金返せー」にはならないと思います(*^θ^*)
スポンサーサイト

一人多くても韓国に勝てないのは何故?

アジアカップの3位決定戦、やっぱり負けました。

ベトナムからインドネシアまで20時間もかけて、着いたら着いたでホテルの部屋が足りない?
これではモチベーションは下がる一方で、選手も可哀想だったけど、10人対11人の試合で
ゴールが奪えないんだから勝てるわけはありません。

ハードな気候と日程に交代要員を使えない日本が、ついにアジアの盟主から滑り落ちた瞬間でした。
高原も俊輔もよれよれになりながら、動いていてもロングパスはカットされ、ロングシュートも少なく、
前回のサウジアラビアと同じ攻め方ですから、相手は一人少なくても十分対応が出来たわけです。
オシム監督はこめかみに青筋を浮かべて押し黙ったまま、時間だけが過ぎ結果はまたもやPK。
情けない試合というほかありません。
司令塔不足。リーダー不足。決定力不足(一人多いのに何故ワントップだった?)ですから、結局は
体力負けになってしまいました。
何かコンサードーレの最近の試合と同じ様に感じたのは、私だけでしょうか。

ジーコも先発にこだわり、選手の変え時が遅いのが特徴でしたが、オシムもこのままでは年内に辞任も
あるかも。
私は今回の選手の起用法には、まったく同意が出来ません・・・前回も書きましたが・・・
今年は調子の落ちている巻、経験不足の矢野、山岸。そして疲労困憊の両サイドバックの交代要員。
稲本や中田(浩)はドイツとスイスで活躍中だし、三都主アレサンドロもまだ活躍は期待できるのにね〜。
松井を含めて海外組みを呼べーの一言です。

コンサはチョイやばの雰囲気だけど。FWよりもMF(司令塔)をどこかから取ってきてください。

アジアカップサッカーは惜敗だったけどコンサは仙台に勝ち越し

残念でしたぁ〜。追いつ追われつの点取り合戦になったけど、アジアカップ準決勝は2−3でサウジにやられてしまいました。2−2までは取られて取る展開だったけど、決定力不足の日本にとって3点目は重い点数になりました。
前半は中央を固められてシュート数も少なく、チャンスというチャンスはまるでなし。
サイドからの崩しもならず、「これはやばい展開」のうちに後半に・・・。
パスコースを固められサイド攻撃どころか、バックパスばかりじゃ得点の匂いはなく、先取点を取られて後手を踏んだところで、運はサウジに傾いたのが敗因でしょう。
オシム監督の言うがまま、サイド攻撃ばかりを繰り返したことで、相手に余裕を与えたのが残念。

今大会では俊輔も高原も必死に頑張ったけど、中盤に入った中村(憲)や羽生の経験不足も・・・。
サイドの加地や駒野も後半は息切れしていたので、DFの交代要員不足も敗因の一つかと思いました。
駒野に変えて今野を入れればまだ可能性はあったと思いますが、いずれにせよ中東勢や中央アジアの国と戦うには、DFとMFが当たり負けしないことが大切でしょう。
何故稲本や中田(浩)、そしてフランスで後半活躍した松井を呼ばなかったのかが不思議です。
次のW・CUPを見据えてのメンバーでしょうが、技術はあっても線の細さが否めない戦いでした。

 さてさてアジアカップはさておいて、わがコンサは仙台で2−0の完勝でした。
藤田征也が久々に戻ってきて立派な働き!!両得点をアシストし、U20の日本代表帰りを見せ付けました。
カナダでは不完全燃焼気味でも、J2に戻っての成長振りを大いに発揮したことで、今後の期待も高まります。中山も久々に得点したし、ダビィも技ありの1点で先発FWが揃っての得点はいつ以来でしょう。
これで3位仙台には勝ち点差10ですから(徳島戦が順延になったので隠れ点数が3あります(=^_^=)が)
次戦の鳥栖に勝って順調にTOPを維持しましょう(*^_^*)

日ハムも昨日は武田(勝)の11Kという活躍でオリックスに4−0の勝ち。
アジアカップ以外はの一日でした


 

6月並の気候の北海道は何か変

今年は猛暑に日本中が襲われる?といっても何か「信じられな〜い」のが札幌を含む道内の気候。
7月ももうすぐ終わるのに、真夏日はまだ2日くらいなんだから「絶対に変」
雨も降らないしね〜。だから道南の川はどこも水量は少ないし;(+_+); 渓流釣りは無理でしょうね。
道東では昨日けっこうな量が降ったみたいだけど、札幌は豊平川の河川敷の芝生が枯れていました。
このままいけば北海道の農業は凶作かも。

その様ななか参院選も終盤に入り、選挙カーの鶯嬢(若くはない)はハシブト烏の声に近づいているようだけど、ここって札幌市の中心部に近いのに回ってくるのはとても少ない・・これも変。
うるさくないのは幸いなことだけど、どうも与党の候補は尻に火がついたように必死(ノД`)・゜・。
あいも変わらず連呼!!連呼!!
でも現政権のお坊ちゃま内閣が、勝手気ままなことをしたツケがまわるなら、それもいたしかたないし。
これほど次から次へとトラブルが続けば、「純ちゃん」が後先考えずにやり放題の後だけに「一体何をやっているのよ〜」と思われても仕方なしです。
これは前回の衆議院選の後に「小泉内閣の後は誰がやっても大変」といわれていたことです。
ましてお坊ちゃまが、お友達だけで「日本を背負っちゃった」のだから、長続きは無理だったんだよね。

でも参議院って何をするところなんだろう?
衆議院で通った法律をろくに時間もかけずに審議して、次々と法案を通すなら「参議院なんていらない」
と思うのは当然です。
もし今回野党が過半数をとっても、イエスマン体質は変わらず「政党の思惑重視」だから、良識の府といわれた参議院はますますおかしなことになるかもね。

与党が過半数割れをしたら、また選挙かも。前回の郵政法案が通らないからといって、自棄を起こして解散をした悪例があるから、それもありかとおもうと景気の悪い「北海道は倒産」するよ。
わが九占舎もその例に漏れず・・・こんな日本は早く逃げ出したーい。
でも無理かの呟き(ノД`)・゜・。川に水が無くてもサウジに日本が勝ったら、釣りに行くぞ〜。
でも29日に本当はキャンプ行きたかったのに。
自分の旗色が悪いから、一週間も遅らせた勝手な「与党」には「鉄槌を下すぞ〜」



 


 

農林水産大臣 赤城徳彦

祖父が安倍総理の祖父で岸内閣時代の農林大臣だから、今回はそのような身内感覚での登用とは思えないけど、付いていないといえば付いていないのでしょうね

今日は久しぶりに名前の話になりますが、赤城徳彦というお名前は天格16画、人格23画、地格23画、外格16画、総格39画、社会運30画、愛情運32画と本体は、まぁ素晴らしいお名前の画数です

なにせ16画と23画は大吉運数ですから、欲張ったお名前と言われても仕方がありません。

おまけに社会運と愛情運は吉数同士の斜同格ですから、頭の良さをますます引き出します

では農林官僚から祖父の地盤を引き継いで、若くして当選しながら出世街道を歩めなかったのでしょう。

本体は素晴らしいのに、分解をすると、初年運には本体と引き続き「天外同格」が見られるので、予想以上に政治にはお金がかかり過ぎていたのかも知れません。

所属している高村派は弱小派閥ですし。また数え年34歳以降は運気は徐々に下降し、数え年48歳の昨年からは生気運は14画、総格は19画と全く運が弱くなっています。

将来性を考えれば、ゴタゴタにこれ以上巻き込まれる前に「あっさりと素直に謝って」大臣を辞任すべきでしょうね。祖父の名前は赤城宗徳ですから、「徳」の一字を貰ったばかりに、名前の重さに負けた例課も知れません



まぁ今回は私の住む札幌でも、厚別区から道議に当選した、伊達忠応という若手が先日議員辞職をしましたが・・前科(酔って通行人に暴行〜議員辞職)があるにもかかわらず、無所属から立候補し当選。

普通は考えられないのですが、「親の七光り」で当選とも言われていたのですが、今回は選挙前に「酒酔い運転」で捕まっていたことを隠しての辞職ですから、何を言わんかやです。

そんなアマちゃんの父親は忠一でやはり「忠」の一文字を・・・。

参議院選挙に今回立候補しているだけに、この不祥事は「致命的」になるでしょう

それでなくても北海道は連立与党には、厳しい選挙戦になるでしょうから・・・・・



皆さん子供に名前をつける時には、よくよく考えて命名をしましょう。



釣りに行きたし予定が立たず (ノД`)・゜・。

今年は絶対に気候が変もう七夕だというのに、北海道は涼し過ぎ。

何せ風が冷たいんだよね。

道央、道南の釣り解禁日は6月だから、例年ならもう数度行っていてもおかしくないのに、

雨が降らない、気温は上がらないでは、釣りに行く気も起きません



瀬戸内海では釣れた事のない秋刀魚が釣れたりしているようだけど、

何か大きな変動の前触れの予感がする



私は予言者ではないけれど、「ノストラダムスの予言」が現実味を帯びてきた感じが・・。

ということは、いずれは日本は沈没し、難民は大陸に移住??



日本はいずれは沈没とは、私も言ってきたけど(いろんな意味で)、世の中の箍が外れて

まったくおかしな時代になっていることは確かだよ。

「年金問題=崩壊し40代前半以降は貰えない」

「教育再生=天職として教師になる者はゼロとなり、教育制度は崩壊に」

「地方行政=ほとんどの地方都市は再生機構に組み入れられ、町村は破産」

「少子化=団塊の世代の子供たち以降は下降線の一途」

考えただけでもマイナス要因は果てしないのに、ノー天気な国民は何だかんだと

政権与党を支え続けるの?



今日もTVで参院選にそなえた阿呆な番組で、都知事の息子が現政権の功績を言っていたけど

言うほうも辛いんだろうねぇー。景気は回復し、地方都市にもその効果は波及??

どかがだよ〜!! ほんとに



参院選は投票日に絶対に行くぞー 絶対に与党には入れないと、心に強く決意したんだぁ〜



ウィッカーマン〜ウィッカーマン〜9月公開予定


まだ未公開の「ウィッカーマン」を駆け足で見ました。主演は私の好きな俳優の一人「ニコラス・ケイジ」ということもあり、大いに期待をしたところーー。
この映画は1973年に公開されたイギリス映画のリメイク版だったもですね。知りませんでした(汗)
サスペンス・スリラー物と思っていたら、カルト・スリラー物でした。
あらすじは・・行方不明の娘を探すために、白バイ警官のエドワード(ニコラス・ケイジ)は孤島サマーズアイルを訪れ、同島で娘が生活していた形跡を発見する。しかし、島民たちは娘の存在を否定し、真実を語ろうとはしなかった。秘密めいた島民たちと外界から閉ざされた孤島で捜査は難航するが、エドワードは島にまつわる驚がくの事実を発見する。 (シネマトゥデイ)

この様なストーリーですが多少補足をすると、白バイに乗っての勤務中前方を走っている車から一体の人形が落とされ、それを渡そうと止めた車には、引越しをするという母娘二人が・・・しかし、その車には前方からトラックが衝突。
車は炎上し何とか娘を助けようとするのですが、ガソリンが引火して・・爆発。
でも不思議なことに、車からは死体は発見されず・・・。
そんな時休暇中の彼のもとには、婚約中に失踪したウィローから不思議な手紙が・・。
その手紙の主は8年前に突然に別れた婚約者からの手紙で、「失踪した娘を探して欲しい」との内容が・・・

ここまでくると「何となくワクワク」 ニコラス・ケイジが閉ざされた孤島で、事件を解決!!
めでたし、めでたし・・とおもいきや、まったく予想外の展開に・・。
最後は尻切れトンボと思うのは私一人?
この映画の評価は★★★35点かな?

06 | 2007/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR