日ハム今日にでもCS優勝?

圧倒的に勢いは楽天の模様だったが「そうは問屋が卸さない」

っていうわけで日ハムはCS 2連勝!!

昨日の第二戦で糸数が頑張り、岩隈に投げ勝ったのは殊勲賞もの

高橋信二は昨年の昨日は、CSで西武に敗れて唇を噛み締めた日だったそう。

それもあり”絶対勝つ”の信念が、勝ち越し打につながった

奇跡の救援と語った金森の踏ん張りも、今後の日本シリーズに向けて

大いに期待が持てる(よもや4連敗はないでしょう)

セの対戦相手は、出来ればリベンジのためにも落合ドラゴンズに

上がって来て欲しいが・・

いづれにせよ、今日は可哀相だがマークンを打ち砕き、3連勝で決めるぞ〜

秋の札幌ドームは今夜も燃える
スポンサーサイト

生活保護と動物愛護

目の前の公園の木々の葉もアットいうまに枯れ落ちて

黒い木肌が目立つ季節です。

さすがに暖かだった夏とは変わり、公園を散歩する人もめっきり減りましたが

大小のペットを散歩がてらに連れ歩く人は、あいも変わらず多いよう・・。

なかにはどうみても不釣合いの人もいますが、最近思うには20代前半の男女が

少なくなったのは不景気のせい?


夜に働いていると思われる、女性達のあのペット犬はどうなったのかが気がかり。

お客にせがんで買ったは良いけど・・そんな犬も多いはずです。

動物を飼う大変さも知らず、”おもちゃ”としてのペット売買にはどうしても

納得が出来ないのは私だけ?


子供さえ育てられない世代の若者が、犬や猫をまともに育てられない・・

当たり前の話では? 

生活保護を受けながら、動物を飼う老人の気持ちも判らないではないが

何かがおかしい「動物愛護のニッポン」です。

遼くん最年少優勝記録ならず

埼玉県武蔵CCで行われた第74回日本オープン選手権で、先日7アンダーでトップに立った石川遼は、最終日に頑張るもプレーオフの結果、残念ながら優勝には届かず(iдi)
テレビ中継を見て驚いたのは、ギャラリーの多さ!!
多いのは結構なことだが、ギャラリーのマナーの悪さにも腹が立つやら呆れるやら。

6番のバンカーショット中に携帯のカメラ音に、さすがに普段は冷静な遼くんもキレたようだが、そこから崩れて優勝はパーになったとしたら、可哀相なのは遼くん。
私は見ていなかったのですが、いつもと違う憮然とした彼の表情は、かなりカリカリとしていたのは確か・・・。

最近の○○王子と持ち上げるマスコミ。特にスポーツ紙は売れ行きが悪いから、売れると思えば何でもやってしまう風潮が・・今に始まったことではないが。
それはいいけど、ゴルフもろくに知らないオバサンが、ボギーの後に「リョウクン頑張って〜」の気味の悪い声援には,私はドンビキ!!
選手は頑張っていても、メンタルなスポーツだということを少しは勉強しろ。
特にボギーの後の「頑張って〜」は、選手からしてみれば
「頑張ってるのに何言ってんだよ〜」と腹の中では思うもの。
また最近多いのは、応援している人(遼くん以外も良くあるが)以外の選手が、パットを外した時・・・手を叩く愚か者がいる。

北海道はギャラリーのマナーが、結構良い所だが、今年小樽CC銭函コースで開催された「サン・クロレラクラシック」でも、優勝を争っていたB・ジョーンズにそのような恥ずかしい行為が行われた。この時は解説者が「いけないこと」テレビで苦言を呈していたが・・・。

今日のNHK解説者の高橋勝成さんは言わなきゃ駄目だよ。かっての勝成ファンだから・・しっかり言うべきことは言いましょうよ。
何となくスコットランドのセントアンドリュース・オールドコースは「クラブハウス」がかって女人禁制だったというのも判るな〜(;^_^A
ゴルフ場に行くなら、せめてルールとマナーくらいは覚えて行くべき。

中川昭一さん亡くなりましたが

九占舎はこちらからどうぞ


お父さんは「北海のヒグマ」といわれ、総理選に敗れて自殺。
それもホテルのバスの取っ手に紐をかけて。
そのことから第一発見者の故高木参院議員や当時秘書だった鈴木宗男衆院議員は、
当局から詳しく聴取されたとのこと。
そのような経緯から、北海道5区では息子であった昭一氏と双方が選挙戦を戦い
それ以降軋轢が生まれたとの噂が・・・。

故中川一郎氏は、千歳空港の拡張工事など土建業界には、ミニ角栄とも呼ばれる
ほどの実力者(?)だっただけに、同じやり方で選挙資金を集めたムネオ氏にも、
後日様々な噂(?)に晒されたのは仕方がないこと。
当時はそんな時代でした。
私が中川一郎と言う名前を身近に感じたのは、縁戚に彼のバックアップで急成長を
遂げた或る人物がいたから。
そんな彼も東京赤坂の火事騒ぎに巻き込まれ、事務所を消失した頃から下り坂と
なり、数年後にはヘリコプター事故で亡くなるという悲運に遭遇してしまいました。
人には運、不運が必ず付きまとっているのに、本人にはそれにはまったく気がつきません。
今回亡くなった中川ジュニアも、そんな一人かも知れません。
不運の見極めが出来たなら、まったく違う道を選択したのかも。
それでも政治家の道を選択したのは、名前の因縁があったのでしょう。

宮迫・岩尾に変化をもたらしたシャンプー《スカルプD》の女性用!

10月8日から神無月に入りました

九占舎はこちらからどうぞ


恒例の今月のあなたの運勢をホームページ上にアップしました。
今月ラッキーなのは五黄土星の人と八白土星の人。
アンラッキーなのは、二黒土星の人ですが、対処次第では今日にも吉にも
なってしまいます。
とはいっても個々の運勢で変化をするのは「当たり前の話」
でも恋愛。健康については、当たると良く言われているので参考にしてね。
(HPは上のベンチをクリックして・・姓名判断の九占舎にアクセスしてください)

そういえば先月、政府の依頼である調査に協力をしてくださいという
用紙が郵便受けに入っていました。
何の調査かわからないまま放置をしていたところ、この用紙を集める仕事の
オバサン(多分区役所あたりの定年退職者)。
滅茶苦茶態度が横柄で驚き!!
普通政府の依頼で働いているなら、身分証明書を提示するのが普通なのに
それもせず頭ごなしの言い方には、「もう少しで爆発手前(;~_~)9 ググッ! 」
来客があるといっても、事務所に入り込み(`´‡)
「ここをこう書けアア書けの指図です」
「お客も唖然」こういう人間がいるから「役所は駄目」といわれるんだよ。
腹の中で罵りながらも「我慢・我慢」
そうして帰る時になって、来月もまた来ます・・・(;~_~)9 何をしに?
頭に来ているから聞けませんでした(;^_^A

月も変わって、数日後また恐怖の用紙が入っていました。
無視をするつもりが、このオバサン。
後日、9時過ぎにピンポン・・ピンポン。
おまけにドアをガチャガチャと泥棒かと思ったら、例のオバサン。
キレたのは、私じゃなく「ウチの怖い彼女」それは大変な剣幕で・・。
ーーーー結局、私は追い返しましたが・・。
最後に「アンタはどこの依頼でやってるの?」と聞けば「道庁???」
確か総務省は道とは関係あるだろうけど、本当だったのかどうか
今では判りません。
ちなみにそのオバサンの名前は3・4−4・6と言う配列でした。
外格9画の判断では・・騙された?
ミクシーの完結編でした(笑)

蓋を開けた瞬間に仰天!!《送料無料》北国の三大蟹セット!!

北海道日本ハムファイターズはパリーグ制覇しましたが・・・

ようやく優勝はしたものの、よれよれ状態での優勝には、果たして
クライマックスシリーズは勝ち抜けることが可能かどうか?
大変不安な後半戦でした。
2位がソフトバンクなら・・という気持ちがあったのですが
波にすっかり乗ってしまった楽天は強敵になるでしょう。
ここにきて鉄平、高須、渡辺は絶好調ですし、山崎と日ハムに
めっぽう強いセギノールが、後半になって打っているのが不気味!!
マー君も何だかんだと言いながら15勝。
日ハムに強い永井も健在となれば、岩隈が調子を落としているとはいえ
何とかソフトバンクに頑張って貰うしかないのでは。

悲観的な私の独り善がりかも知れないけど、ダルがまだまだ不安な
状態なので信二や小谷野、糸井はしっかり悪い部分をケアをして
「万全な調子で臨んでくれ〜」とハムファンは思っているのでしょう。

優勝シーンには、中田(翔)は出られませんでしたが、西武戦には
残しておいても良かったのでは? 
経験は財産になるのですから、首脳陣の采配にも?が付きます。
まるで活躍をしなかった、ボッツが呼ばれたのですから・・・。
まぁ単なる私の思い過ごしでしょうが、パを制覇したのですから
頂上に立たなくては意味がありません。


洗顔石鹸の藍色工房

ついにM4が点灯しました

昨日の日ハムVSオリックス戦は、糸数の好投もあって3−2で逃げ切り、
いよいよ優勝マジック4が点きました。
今後の対戦予想では、ソフトバンクが頑張れば早くて土曜日のロッテ戦か
日曜日のソフトバンク戦での胴上げが見られそう。
まぁ今日負けてもドームでの西武戦で優勝でしょう。
カウントダウンは始まりました(^-^*)
ファンにとっては土・日の優勝が理想なのでしょうが、不景気なススキノや
周辺飲食店は、平日の優勝が嬉しいのかもね。

ススキノの飲食店といえば、私が若かりしお世話になったお店が、過去の
数度の荒波を乗り越えていまだに残っているのです。
昔はススキノで有名だったバーを振り出しに、バーテンとしての腕を磨き
二十代前半で独立をして、現在も現役で活躍中の有名人(ススキのでは)
ですが、お店の名前も一風変わっていて「えりも岬 風の館」!!
どこかで聞いたような・・・と思う人もいるでしょうが、ビルの名前もふるっていて
”すすきの灯台・風の館”ビル
出来た当時は、「変な名前」と違和感があったのですが、年月がたつと
「変な名前」が当たり前になるから不思議なもの

ススキノで生きて四十数年の秘訣は、キメ細やかなサービス精神と心配り。
ぱったりと足が途絶えた私にも毎年「お歳暮」を持参。
聞くところによれば、最初に独立をした時から続けているとのこと。
まー普通の人では出来ないことです。
波乱の多い人生で生き残るには、何事も「継続は力なり」と教えられます。

09 | 2009/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR