第82回アカデミー賞の発表が近づきましたが

  先日主演男優賞にノミネートされたモーガン・フリーマンの『インビクタス/負けざる者たち』を見ました。

モーガン・フリーマンは南アフリカの初代黒人大統領に選ばれたネルソン・マンデラ元大統領を熱演。

共演ではマット・デーモンが、地元で開催されるラグビーW杯に出場したチームキャプテン役ででていました。

スポーツ好きの私としてはGOODな映画でした。ストーリも単純明快ですが、アパルトヘイトに終焉を告げた

後の物語には、監督をしたクリント・イーストウッドの思いが込められた秀作でしょう。

マット・デーモンの肉体美は女性フアンをウットリとさせる?

 今回のアカデミー作品賞は何と言っても『アバター』が最有力のようですが、多少変わったSF映画もノミネート。

作品名は『第9地区-ディストリクト9- 』日本では4月10日公開のようですが、はじめはダラダラ映画かとおもいきや

これが中盤から結構ひき込まれます。

エイリアンの乗った巨大なUFOが、これもまた南アフリカのヨハネスブルク上空に・・・。

乗っていたのは、エビのようなエイリアン。どうやらある惑星から逃れて(私は理由はわからなかった)航行不能に

なり飢餓状態に・・。面白いことに好物が「キャットフード」が大好きなようで、結局行き場を失ったエイリアンを

隔離した難民(?)収容所が「第9地区」です。

これ以上は映画を見てのお楽しみなので「カット」しますが、主演のシャルト・コプリーはまったく無名の俳優。

この映画は「ゆうばり国際ファンタステック映画祭」で2月27日(土)上映されるようです。

  ゆうばり国際ファンタステック映画祭」には、オスカー美術賞部門にノミネートされた『シャーロック・ホームズ』

も出品されています。(2月28日(日)上映)

主演はロバート・ダウニー・Jr&ジュード・ロウですが、今までのホームズとは一風変わった設定に・・・。

身長が低いのホームズとDr.ワトソンのコンビが誕生です。ボクシングはプロ級というのはコナン・ドイルの人物

プロフィールにマッチしていますが、かなり今風にアレンジされているのが興味をひきました。

 名探偵ホームズといえば長身で痩せているのが原作上での設定(180?以上)ですが、どこかズボラで

オセンチなホームズが繰り広げるアクション映画は肩の凝らない一作でした。(どこで見たかは秘密だよ)

私は原作に忠実なのかと予想していましたが、ナントナント予想外の展開にちょっと肩透かしを・・。

終わり方がスッキリせず、宿敵のモリアティ教授は素顔を見せないので続編は必ずあるでしょう。

でもやっぱりホームズといえばTVドラマのジェレミー・ブレット が余りにも有名なので、R・ダウニー・Jrの

ホームズはどこまで観客をひきつけることができるかでしょう。

確かに凝った映像は、オスカーにノミネートされたのが理解できます。見て損はない映画です。

スポンサーサイト

『主水死す』 藤田まことさん急逝

九占舎はこちらからどうぞ



田まことさんが亡くなったと聞き、あの中村主水がもう見れないのかと思うと

大変さびしく思います。

必殺シリーズの中村主水と「はぐれ刑事純情派」の安浦刑事はあまりにも有名

ですが、私が好きだったのは「剣客商売」の秋山小兵衛。

無外流の達人で秋山大治郎の父親役は、まさに適役であったように思います。

最初に演じたのが東映で悪役でならした山形勲(平成8年没)、二代目は歌舞伎

役者の中村又五郎(平成21没)で両者とも個性を存分に発揮した名演技を披露

しましたが、やっぱり鐘ヶ淵のご隠居は藤田まことが一番のはまり役。

つい先日もスペシャルで「道場破り」が放送されましたが、これが最後となったのは

非常に残念です。

藤田まことさんのご冥福をお祈りいたします。

あぁでも平成8年に放送された剣客商売スペシャル「春の嵐」だけ見逃したんだけど

再放送をして欲しい(泣)

わからない姓名判断

九占舎はこちらからどうぞ


こんなブログを読みましたが・・・・

元サッカー日本代表候補が強盗・強制わいせつの疑い 画数の暗示

元サッカー日本代表候補の茂原岳人容疑者が、強盗と強制わいせつの疑いで逮捕されました。
平成18年にも女性宅への侵入容疑で逮捕されており、その時は起訴猶予処分となっています。

茂原岳人 主運27画 社会運13画 総画40画

技芸に優れる13画があり、サッカーでも活躍を見せていた時期があったのは
この画数のおかげとも言えます。
ところが27画・40画は凶数で、27画は一つ前の記事、浜崎あゆみさん宅への
脅迫文事件の犯人も持っていた画数です。

最悪の場合で刑罰の対象となり得るという凶数で、逆に事件に巻き込まれる側になることも多いの
ですが、大変トラブルの多い画数です。40画は色難の暗示で、他にも凶数を持っていると性犯罪に
もつながり得るというものです。
もちろん、異性運の悪さや晩婚など、比較的深刻でない暗示の現れ方をする人がほとんどですが、
凶数の多い画数では、その暗示が吉数などによって緩和されることもなく、画数に翻弄される人生と
なってしまいます。
茂原容疑者の今年の運勢は「虚」で、後厄年です。虚は、読んで字のごとくエネルギーの衰退する年、
厄年は良くも悪くもその暗示が強まる時です。
画数や年運は、その人の人生を大きく左右する力を持っています。
______________________________________

このように書かれていましたが、読み終わって大変に興味を覚えたというか疑問点が?

茂原岳人という画数は、天格=茂8画+原10画=18画  人格=原10画+岳8画=18画

地格=岳8画+人2画=10画  総格=天格18画+地格10画=28画にな

るのですが

主運とは27画とは?草冠を6画とすると?色々やってみたがどうやら霊導説をとりいれた占

いのようです。あくまでも想像ですが、数字に弱い私は途中で見事に挫折

なお九占舎では、27画および40画は凶数ではないのでご注意を・・

このもとJリーガが犯罪に走ったのは地格及び外格10画で(金銭浪費、経済観念に乏しい)


総格28画が事故・遭難・犯罪に巻き込まれる大凶数であったことが最大の要因でしょう。

また人格18画は異性交遊にけじめがつけられず(外格10画+総格28画)に転落の道を歩んだ

というほうが説得力はあるのではないでしょうか。

なお本体を分解したら生気運19画(犯罪数)総格20画があらわれ、10画同士の横同格が社会

への適応能力のなさをあらわしています。(わかる人はやってみてください)

姓名判断にも色々な判断があると・・いまさらながら痛感しましたが、将来を予想する責任

の重さも思い知りました。




面白い映画みつけ「あいつはママのボーイフレンド」


題名からしてB級映画かと思いきやけっこう楽しめた映画でしたよ

まぁ出演者がクド顔イケ面のアントニオ・バンデラスとメグ・ライアン、

コリン・ハンクス(トム・ハンクスの息子)。

題名は軽い感じだが原題も「My Mom's New Boyfriend」やっぱ軽い

最初はメグ・ライアンの太りっぷりにびっくり。

特殊メイクもここまでやれば、メグ・ライアンのイメージはどこに

内容はあまりなく途中で筋書きも読める映画だから、肩の凝らないコメディと

思ってみればノンストップで楽しめます

でもメグ・ライアン・・・最近は出演作が激減?


ここ数年「イン・ザ・カット(2004)」「ファイテング・ガール(2005)」は

公開され話題にもなったけど、「ランド・オブ・ウーマン(2007)」は映画は

未公開でした。(DVDは発売されています)になっています。



この映画そんなに出来は悪くない記憶があるけど、若い時のイメージが強すぎる?

華やかな存在感の溢れる時代は過ぎてイメチェンに失敗?

かってのロマンティック・コメディ路線からの脱却に向けて懸命に頑張っているが

オバサン女優のレッテルを貼られかかっているのは淋しい限り。



急な出発にも対応格安当日航空券

古い映画は最高


最近どうも新しい映画で「これ・・いいんじゃない」という映画に巡り合えない

あえていうならダスティ・ホフマンとエマ・トンプソンが描く熟年カップルの恋愛ドラマ

「新しい人生の始め方」かアカデミー賞にノミネートされたブラッド・ピットの

「イングロリアス・バスターズ」くらいかも知れない

残念ながら、大好きなモーガン・フリーマンの「インビクタス/負けざる者たち」は

大変気になる映画だがまだ見ていないけども・・(期待大)



そんなわけで暇を見つけて久々に古い映画(DVD)を見ることに。

第16回アカデミー作品賞・監督賞・脚色賞を受賞「カサブランカ」(1943)

当時のアカデミー受賞作品だから、内容はともかくとして、この映画はボギー

(ハンフリー・ボガード)とイングリット・バーグマンが出演

バーグマンはこの年26歳で(1942)ヘミングウェイが書いた「誰がために鐘が鳴る」

にも出演していて最もスポットを浴びていた女優の一人。

Casablanca カサブランカ farewell1



映画好きの私は、ボギーの映画はほとんど見ている・・と自負していたが、

実はこの映画、あまりにも有名なだけに「見ていなかった名作」の一つ

錯覚とは怖いものです

前半はつまらないが、後半になれば何となく引き込まれる映画って結構多いが

この作品もその部類かも。まぁボギーとバーグマンが好きでない人にとっては

なんでこの映画がアカデミー賞なのと思うだろうが、1942年という時代が影響した

のかもしれない。(日本軍は南下作戦 ドイツはレニングラードでソ連に包囲)


でもやっぱりボギーがボギーらしさを出している映画は、何といっても「三つ数えろ」

(1946)が一番では。原作はハードボイルドファンなら知らない人はまずいない、

レイモンドチャンドラーだが、探偵F・マーロウ役はやっぱりボギーが一番

この作品はのちにロバート・ミッチャムがマーロウ役で「大いなる眠り」(1978)

という原作名でリメイクしているが、二本を見比べるとボギーの渋さがわかるだろう。

なおロバート・ミッチャムは「さらば愛しき女よ」(1975)に続くマーロウ役で出演。

こちらは相手役のシャーロット・ランプリングの「魔性の女」役が抜群に良い。



 さて話が脇道に(悪い癖は治らない)それたが、ストーリーはこちらを読んで

印象的なのバーグマンの濡れた瞳と気高さ漂う美貌には、当時の男性はメロメロに

なったとか・・・(私は公開時は-1946-生まれていませんが)

「ガス燈」(1944)では、シャルル・ボワイエとの共演で一躍スターダムに駈け上り

アカデミー主演女優賞獲得するわけだが、やっぱり色っぽいです。

なおこの映画で「君の瞳に乾杯」はあまりにも有名(誤訳説も多いけど)

この一言でアカデミー賞を獲ったとは言わないが、モノクロの古い映画をたまには観よう。

脇役ではルノー署長役のクロード・レインズはとても印象的。

ラストにカサブランカの挿入曲「時の過ぎゆくままに」を在りし日のフランク永井で。

フランク永井 As Time Goes By 1982


節分

豆まきしましたか〜  

私は窓に向って「鬼は外」もう一回「鬼は外」

あとは福は内〜福は内・・・終わり簡単ですが一応儀式ですから。

豆は150円の炒り大豆。安上がりです。


例年立春まえの2月3日は、なぜか忙しいまぁ2月4日から暦の上では、

新しい年が始まるというのもあるけど

HPの方も多少手を加えなければと思い・・・頑張ったけど、数日前から痛む

「腰痛」が足を引っ張り、あなたの今月の運気は結局ギリギリ のアップでした。


今年は例年以上に寒いので、老体には過酷です

古傷の右足(骨折手術)が痛むやら、左足(捻挫後)が本調子じゃないやら、

おまけに腰だからね〜 風邪もこの寒さで完治しないし、もう一つ加われば

きっと天国に(地獄?)召されるかも


この寒波はさすがにきついけど、空気が澄み切っているので札幌市内でも

夜空には多くの星が・・天体ショーを繰り広げています。

雪祭りも寒いだろうけど、南国から来る観光客は喜ぶでしょうね。


ただ道路は氷を張った状態だから、雪祭りにくる人は「冬靴」は必需品です。

転倒したら骨折覚悟と思ってください

theme : 占い
genre : 趣味・実用

01 | 2010/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR