明後日公開「フィクサー」

新作映画 ジョージ・クルーニー 『フィクサー(邦題) Michael Clayton 』






main.jpg





『ボーン・アイデンティティ』シリーズの脚本で

全世界において最高の評価を受けているトニー・ギルロイの初監督作品が、

『オーシャンズ13』のスティーヴン・ソダーバーグ

『ザ・ファーム/法律事務所』シドニー・ポラック

そしてアカデミー賞受賞俳優ジョージ・クルーニーの協力を得て、

本年度最高のサスペンス映画として生み出された!



フィクサー=弁護士事務所に所属する“もみ消し屋”。

NY最大の法律事務所のフィクサーであるマイケル・クレイトン。彼が巻き込まれた最大の危機…。

全米を騒然とさせた3000億円の訴訟問題。

完全勝訴か和解の道を選ぶのか迫られたとき、NYNo.1の実力を持つ同僚弁護士が、ある全てを揺るがす秘密をつかんでしまう。ボスからすべてのもみ消しの特命を受けるマイケル。

命を狙われる同僚、さらに関わったマイケルもまた、さらなる事実を知り、命を狙われる!

命を狙うのは誰なのか!?命を狙われるほどの真実とは!?


監督・脚本:トニー・ギルロイ(『ボーン・アイデンティティ』、『アルマゲドン』<脚本>)

製作:スティーヴン・ソダーバーグ(『オーシャンズ13』、『エリン・ブロンコビッチ』<監督>)、シドニー・ポラック(『ザ・ファーム/法律事務所』監督・製作、『ザ・インタープリター』<監督>)

キャスト:ジョージ・クルーニー(『オーシャンズ13』、『パーフェクト・ストーム』)、テイルダ・スウィントン(『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』)


配給:ムービーアイ

提供:ムービーアイ・エンタテインメント+東宝


OFFICIAL SITE:www.fixer-movie.com





感想::アカデーミー賞にノミネートされた映画(ジョージ・クルーニーが主演男優賞、トム・ウィルキンソンが助演男優賞、ティルダ・スウィントンが助演女優賞を獲得)という話題の映画です。



日本公開は3月12日ですね。ネタバレしない程度に書きますが、前半の16分hまでは

よ〜わからん!! でもここからストーリーは4日前に戻り、ナルホドとなっていきます。

が〜ぁ、社会派サスペンスものといっても、ハラハラ ドキドキは期待しないほうがいいでしょう



何故この映画でジョージ・クルーニーが、アカデミー賞にノミネートされたのか? 謎!!

それなりに彼以外の俳優も演技はいいけど、ストーリー(脚本)もイマイチでした

TV・CMの入っている映画は、・・・・やっぱりね〜というところかな

カッコいいクルーニー期待の人は、観終わってガッカリかも。

私は(厳しいかな?)



次は今年のアカデミー賞をとった(作品賞監督賞助演男優賞脚色賞の計4冠を受賞)

ノーカントリーを書きます。お楽しみに





スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR