TVを見て泣いちゃいました


たしか前に(続)3丁目の夕日を、ここかプーさんの隠れ家で書きましたが、昨日テレビの放映を再度見て泣いちゃいました。
義理と人情がまだあった時代のほのぼの感もいいけれど、キャストがとてもいいですね。
シリアスな演技が必要な茶川竜之介役の吉岡秀隆は、倉本總さんの描いた北の国からで一躍有名になり、寅さんシリーズをはじめTVと映画では大いに活躍をしていますが、やっぱり子役時代の「純」の演技が「大人の役者」になる下地になっているのでしょう。

また堤真一演ずる自動車修理工場の社長さんも、振り返れば「どこかにこういう人がいたなぁ〜」と思わせ昭和のノスタルジーを十分に感じさせてくれました。
唯一、ミスキャストかなと思ったのは、淳之介の父親役で出演をした小日向文世。彼の演技は好きなのですが、いま一歩役には向いていないと感じたのは私だけでしょうか?

ラストにはハッピーエンドという昭和映画の典型も、小雪の演技でニコニコとなって「映画は何度見てもいいな〜」と素直に感じたのです。
エッ、ところでどこで泣いたの?
聞かれそうですが、それは秘密(笑)前回見た時とは違うシーンであったのは間違いありません。

ところで一昨日は「風のガーデン」を・・・。
在りし日の緒方拳の演技を見ていて、自然に涙が湧いてきました。
また今回気になったのは、エンディングのカメラワーク。
平原綾香のBGMとのマッチングは、流石にうまい!!

倉本總さんの前作(拝啓、父上様)は不評だったようですが・・
今回の作品を見ていて、「優しい時間」で使われた富良野のログハウスでつくられた喫茶店の珈琲が飲みたくなりました。

富良野に行く都度、お客様との待ち合わせに使っているので・・富良野ではお奨めの空間です。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR