冬の小樽「雪あかりの路」

北海道は冬でも観光イベントが目白押しです。

札幌雪祭りは有名になりましたが、隣町小樽の「雪あかりの路」をふくめて

観光客は良い思い出作りが出来るでしょう。


今朝、朝のFMを聞いていて、「小樽雪あかりの路」の準備が始まったと聞きました。

小樽といえばガラス工芸、小樽運河、お鮨と観光客は冬でも押し寄せますが

小樽運河は夏よりも冬の運河がグッドでしょうね。


考えてみたら、「夏の小樽は良く行くが冬の小樽?」最近はまったく行っていません。

道産子なのに寒いのは苦手です 暑いのはなおさら苦手ですけどね(苦笑)

そんなことで
モチロン「雪あかりの路」もまだ見ていません。

札幌と小樽はとなり街ですが、冬になると何故か億劫になってしまうのは、齢のせいもあるんでしょうね。



 数年前にNHK札幌放送局が、「雪明かりの街」というドラマを制作したのを見た覚えがあります。

あらすじは、木村愛里(札幌出身)演ずるヒロインが、高校時代の友人に頼まれ、

母親と離婚をしたガラス職人の父親に「雪あかりの路」で使うガラスの浮き玉を依頼をする・・・。


そんなドラマでしたが、父親役の深水三章が、頑固な職人役をとても上手に演じていたのを覚えています。

冬の小樽は、浜風が強く結構厳しい・・「そんな印象が強い」のですが、雪道をキュッキュッと踏みしめながら、

行く当てもなく花園町を歩いていると、ある一軒の居酒屋から流れてきたのは裕次郎の「おれの小樽」・・・・。

つい引き寄せられるように、寒さでかじかんだ手で古びた暖簾をサッと払って・・・

戸を開けると、そこは外のピーンとはりつめた冷気とはまったく縁のない別世界・・。

過去に私が体験をした小樽の盛り場でのワンシーンですが、一人旅の人には

「漁師町の人情味」はまだ残っているのでしょうか。

ちなみに「雪あかりの路」というイベントのネーミングは、小樽が生んだ詩人・作家伊藤整の詩集

「雪明かりの路」からとったようです。

旧制中学時代の一年先輩には、最近ブームとなった「蟹工船」の作者、小林多喜二がいたのですが、

同じ作家を志して東京に出てからの二人はまった違う方向へと進んでいきます。

小林多喜二と伊藤整の関わりは2008-05-27 07:50:39にチョッピリ書いてあります。




あゝ 雪のあらしだ。


家々はその中に盲目になり


身を伏せて埋もれてゐる。



この恐ろしい夜でも


そつと窓の雪を叩いて外を覗いてごらん。


あの吹雪が


木々に唸つて 狂つて


一しきり去つた後を


気付かれない様に覗いてごらん。


雪明かりだよ。


案外に明るくてもう道なんか無くなってゐるが


しづかな青い雪明かりりだよ。

<詩集 雪明かりの路ー雪夜ー>

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR