思い出せない女性

私は珍しく普段は利用しない電車に乗っていた

横には見慣れた女性が座っていて、急にこう呟いた

「先生は年内に死ぬかも知れないと言っていましたよね?」

「あの話はいまでも?」

そこで私は焦りつつも、「そう・・9月か10月には・・・」

そういう私を彼女は問い詰める。

美しい切れ長の目は笑ってはいない。

「でも今は11月ですよね」

私はあえてその問いには応えなかった。

応える言葉が見つからなかったと言うのが正確な言い回しかもしれない。

突然、前の席から見知らぬ男性が立ち上がり、「嘘はいけないよ!」

「この電車に乗る資格は、一度死んだ者しか乗らないのだから」と言う。

私は何が何だかわからず、隣の席に助けを求めようと目を移した。


夢だった!!身を起こすと、冷たい寝汗が胸から滑り落ちた。

でも横に座っていた女性は、一体誰だったのだろう?

顔は覚えていても、どうしても思い出さない・・・。

最初の女房でもなく、二番目に長年同居した女でもない。

でも私は旅立つ服装をしていて、横に座った女性は着飾っていた。

そのうちに顔立ちは、徐々に消え去り・・

「どうでもいいか」とまた横になったが、今度はまったく寝付けなかった。


夢の話はよく相談される。男性に追われた夢や変わったところでは地球が

滅亡をする夢、高いところに一人しがみ付き落ちまいとしている夢。

様々だが、信じられない夢のような現実の話を過去に聞いたことがある。

あくまで夢だから現実離れした話だが、今でも強烈な話だからはっきりと

記憶に残っているその夢とは↓に書くことに・・。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR