古い映画は最高


最近どうも新しい映画で「これ・・いいんじゃない」という映画に巡り合えない

あえていうならダスティ・ホフマンとエマ・トンプソンが描く熟年カップルの恋愛ドラマ

「新しい人生の始め方」かアカデミー賞にノミネートされたブラッド・ピットの

「イングロリアス・バスターズ」くらいかも知れない

残念ながら、大好きなモーガン・フリーマンの「インビクタス/負けざる者たち」は

大変気になる映画だがまだ見ていないけども・・(期待大)



そんなわけで暇を見つけて久々に古い映画(DVD)を見ることに。

第16回アカデミー作品賞・監督賞・脚色賞を受賞「カサブランカ」(1943)

当時のアカデミー受賞作品だから、内容はともかくとして、この映画はボギー

(ハンフリー・ボガード)とイングリット・バーグマンが出演

バーグマンはこの年26歳で(1942)ヘミングウェイが書いた「誰がために鐘が鳴る」

にも出演していて最もスポットを浴びていた女優の一人。

Casablanca カサブランカ farewell1



映画好きの私は、ボギーの映画はほとんど見ている・・と自負していたが、

実はこの映画、あまりにも有名なだけに「見ていなかった名作」の一つ

錯覚とは怖いものです

前半はつまらないが、後半になれば何となく引き込まれる映画って結構多いが

この作品もその部類かも。まぁボギーとバーグマンが好きでない人にとっては

なんでこの映画がアカデミー賞なのと思うだろうが、1942年という時代が影響した

のかもしれない。(日本軍は南下作戦 ドイツはレニングラードでソ連に包囲)


でもやっぱりボギーがボギーらしさを出している映画は、何といっても「三つ数えろ」

(1946)が一番では。原作はハードボイルドファンなら知らない人はまずいない、

レイモンドチャンドラーだが、探偵F・マーロウ役はやっぱりボギーが一番

この作品はのちにロバート・ミッチャムがマーロウ役で「大いなる眠り」(1978)

という原作名でリメイクしているが、二本を見比べるとボギーの渋さがわかるだろう。

なおロバート・ミッチャムは「さらば愛しき女よ」(1975)に続くマーロウ役で出演。

こちらは相手役のシャーロット・ランプリングの「魔性の女」役が抜群に良い。



 さて話が脇道に(悪い癖は治らない)それたが、ストーリーはこちらを読んで

印象的なのバーグマンの濡れた瞳と気高さ漂う美貌には、当時の男性はメロメロに

なったとか・・・(私は公開時は-1946-生まれていませんが)

「ガス燈」(1944)では、シャルル・ボワイエとの共演で一躍スターダムに駈け上り

アカデミー主演女優賞獲得するわけだが、やっぱり色っぽいです。

なおこの映画で「君の瞳に乾杯」はあまりにも有名(誤訳説も多いけど)

この一言でアカデミー賞を獲ったとは言わないが、モノクロの古い映画をたまには観よう。

脇役ではルノー署長役のクロード・レインズはとても印象的。

ラストにカサブランカの挿入曲「時の過ぎゆくままに」を在りし日のフランク永井で。

フランク永井 As Time Goes By 1982


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR