滝川市教育委員会に思うこと





札幌は秋晴れですが昨日・今日と厭なニュースが続いています。

アメリカでは小学生児童が牛乳配達の男に学校を占拠され、次々と頭部を撃たれるという悲惨なニュースが・・。
何か毎年同じようなニュースを聞く度に、「何故」という疑問が湧いて来るのは、私だけではないでしょう。

また私の住んでいる北海道でも、先日は幼児虐待で24歳の母親と同棲中の男が子供二人を暴行死・・
あぁ本当に何をやっているのか。
名前を見れば母親は望美(ノゾミ)男は淳、私のHPでも書いているように、
付けてはいけない名前でした。
どちらも名前の画数は凶運数です。凶数で濁音の入る名前や一字名(淳の文字も陰のパワー)
ですから、分解をするまでもなし。

世のお母さんやお母さんは、子供さんの名前はちゃんと付けて下さい。
姓名判断は迷信ではありませんから。

さてさて今問題になっている滝川市の女児自殺事件ですが、まったく怒りを通り越して呆れ果てました。
遺書が7通もあるのにイジメと認めず、昨年から放置していたとは言語道断です。
この期に及んでも、「いじめられたと書いていないから、イジメじゃない」とは、
何とまぁー役人根性丸出しではないでしょうか。
たしかにまったく育ち(躾け)も性格も違う子供が、学校というコミュニティで共に学び遊ぶというなかでは、
人付き合いの出来ない子供は疎外感にとらわれるといっても、教師やそれを指導する教育委員会が
逃げを打ったら、正義はどこにあるのですか。
今の教師や校長には、あまりにも問題があるのは周知のことですが、
このまま進めば日本の教育制度は崩壊をするでしょう。

今の政権は「教育基本法の改正」を掲げていますが、教育に対しての理念もない
現在の教育者を総点検して、問題のある教師には再教育のペナルティを科すべきです。

また先日あるテレビでは、どこかの教育評論家が「親が悪い」ただし
「制裁教育は駄目」と語っていましたが、親の保育園、幼稚園への依存症にも問題はあっても、
悪いことに対しての制裁が何故悪いのかがさっぱり判りません。
痛みを知らない子供は、大きくなっても痛みが判らないから、事件を平然と起こすのです。

いいたい事は山ほどあるのですが・・今日はここでやめます。
しかし、教育教育と叫ぶ政治家はもっと真剣に取り組んで欲しいものです。
とはいっても「今度の文部大臣」は、何もせずに終わるでしょうが・・。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR