あす公開の第83回アカデミー賞ノミネート作品「トゥール・グリッド」



今日3月18日公開の第83回アカデミー賞ノミネート作品「トゥール・グリッド」

大震災のニュース報道中の公開となったが、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮をとり、監督はコーエン兄弟となれば、期待をするなというのが無理。
出演者も大酒呑みでそろそろ引退かという、片目の保安官コグバーン役にジェフ・ブリッジス。テキサスレンジャーに所属し今は賞金稼ぎとなっているラビーフ役にマット・デーモンという配役だが、最も注目されるべきは、父親の敵討ちを依頼するマティ・ロス役のヘイリー・スタインフェルドがとても新鮮。

この作品で助演女優賞にノミネートされたのは十分に納得。彼女はこの映画を撮った時には、若干13歳だったはずだが、スクリーンではどう見ても実年齢に見えない大人びた魅力は、将来確実に大スターになっていく予感。

アカデミー賞発表前の2月に来日しているが、その時のインタビューで記者から「共演したジェフ・ブリッジスとマット・デイモン、どちらが好み?」と質問をされると、「うーん、わからない! 2人ともすてきな人よ」と思わず赤面する場面もあったとのこと。

目標としている女優はダイアン・レインらしいが、遙かにダイアン・レインは越えていくだろう。
西部劇であっても女性が観て楽しめる一作。
ラストでは蛇にかまれて・・というシーンが・・・・。



同じく第83回アカデミー賞ノミネート作品の「127時間」(2011年6月公開)
登山家アーロン・ラルストンが体験した実話を監督ダニー・ボイル、ジェームズ・フランコ主演で映画化した作品。
03年、当時27歳だったアーロン(フランコ)は一人でユタの険しい谷へロッククライミングに行くが、誰も通りそうにない谷間で落下し、右手を岩に挟まれてしまう。そこから5日間、身動きの取れなくなったアーロンは必死に脱出をはかるが……。
感想は映画だから助かるというのが分かっているだけに、イライラ感がつのる。
私はあまり好きな映画とは言えなかったが、ジェームズ・フランコの熱演は光る。


熱演が光ると言えば、惜しくも「英国王のスピーチ」で助演男優賞にノミネートされたジェフリー・ラッシュ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのバルボッサ役でお馴染みの俳優だが、今回はいけると思っていたが。
残念ながら「ザ・ファイター」のクリスチャン・ベールにさらわれた。
ザ・ファイターは観ていないので何とも言えないが、今回は獲ってほしかった俳優。
この作品はすでに公開をされているが、なぜオスカーを獲ったのが?だった。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR