最近見たのだ 面白映画

大震災後は映画館の入場者が増えたと何かで読んだ記憶がある

「最近おもしろかった映画は?」と聞かれることが多いが

これは絶対お奨め!!という作品にはなかなか巡り合えない。

特に邦画と韓国映画はまるで駄目(~_~;)

それでも何作かは気になる映画と考えさせられる映画があったので

公開または未公開の感想と私なりの採点を書くことに・・。



「ザ・メカニック」(公開未定)

過去にオリジナルでの主演は、’72年にチャールズ・ブロンソン、その弟子役

には、ジャン-マイケル・ヴィンセントが出演したリメイク作品。

この作品では、ジェイソン・ステイサムとベン・フォスターというコンビに。

ストーリは、非情な殺し屋と父親をアーサー・ビショップ(J・ステイサム)に

殺されたことも知らず弟子として教育を受けるステーブ(ベン・フォスター)。

ラストまで様々な殺しのトリックがあり、前作とは違った楽しみ方があるが

大人も子供も楽しめる映画に仕上がっている。

それにしてもJ・ステイサムは渋い。トランスポーターとは一味違う役柄が

唯一の見どころか。(評価★★★★☆ 72点)



「テンプル・グランディン」

人物像と言うよりも実在の人物の半生を描いた作品。日本でなぜ公開をしないかが

わからない。DVDが先になるかもしれないが、配給会社はいづれ近いうちに日本で公開をするだろう。

内容は幼児期から自閉症と診断されながらも、現在コロラド州立大学准教授となった女性の

半生を描いた作品。自閉症と言ってもいろいろあるようだが(私は詳しくない)、彼女の場合には

社会復帰が可能な高機能自閉症だったとのこと。それにしても凡人の私には、映画と一体化して観る

よりも、傍観者としての驚きがすべてだった。動物(牛)の目線に立っての、さまざまな試みは、

大人目線での現在の子供に対する親たちへの警鐘のような気がした。

主演のクレア・デインズは名演技をしているが、彼女はレオナルド・ディカプリオと

「ロミオ+ジュリエット」ではジュリエットを演じている(私は見てはいない)らしいが、

それにしても素晴らしい映画に仕上がっている。男女を問わず公開されたら必見の一作。

(評価は甘めでも★★★★☆ 96点)



3作目は何を書こうかと迷ったが、邦画「ヌードの夜 〜愛は惜しみなく奪う〜」

劇画作家であり映画監督もこなす石井隆監督の作品。

「天使のはらわたシリーズ」は石井監督の劇画を日活が撮り、この作品での「名美」は

劇画ファン以外にも一躍クローズアップされた。


前作の「ヌードの夜」は、今回同様竹中直人と名美役には余貴美子だったが、見たはず

なのに印象がまったく残っていない。

むしろその後に発表された「夜がまた来る」の夏川結衣名美役が印象的だ。ラストで名美に

撃たれる村木(根津甚八)との演技で彼女は大きく飛躍をしていくことに。

前置きが長過ぎたが、今回の映画の目玉はれん役演ずる佐藤寛子の体当たり演技か?

紅次郎役の竹中直人も相変わらず飄々とした良い演技をしているが、ラストに延々と続く

オールヌードでの演技は評価が分かれるだろう。

それにしても欠点が見られないスタイルでのヘア露出映画は、最近では記憶がないが。

内容はともかく、佐藤寛子に拍手

また大竹しのぶの怪演にも拍手だ。

私の評価は、シャイな竹中直人のベッドシーンが良く演じたこともあり(評価★★★☆☆ 63点)

*女刑事役で出ていた東風万智子って・・・誰?と思ったら、真中瞳だった。
 これからは、もっと映画にでてくるだろう。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR