石川遼に有村智恵のラッキーを与えてやりたかった



全英オープン2日目での日本勢は、急きょ出場が決まった池田勇太が

初日のワンアンダーから一つ落としてイーブンの19位で決勝出場へ。

期待の他の日本勢は残念ながら予選落ちとなってしまいました。

特に最もマスコミ各社が期待をしていた石川遼は、初日のミスを取り

返せず大荒れの80(par70)を叩き合計14オーバーで予選落ちと

なってしまいました。

それにしても日本では、今年未勝利の有森智恵ちゃんが、3万年に一度

出るかどうかのワンラウンドで、アルバトロスとホールインワンの同時

達成という快挙を果たしたそうです。


これはゴルファーにとっては、「夢のまた夢」の出来事ですが、全英の

遼クンにせめてワン・イーグルくらいのラッキーがあれば・・・。

そう思いましたね〜。




運、不運はあるのがゴルフというスポーツですが、前回のメジャー

全米オープンでは出だしで遅れるも最終日に盛り返し何とか30Tに。

でも今年の遼クンは昨年までとは「何かが違う」と感じていましたが、

その何かが素人の私には分からないものの「先を急いでの焦り」が

どうしても見られるような気がしてなりません。

筋力アップも度が過ぎればマイナスに働くのは、プロ野球選手だった

清原も経験したことです。

足腰のパワーアップをはかり、全米OPで勝ったローリィ・マキュロイも

上半身がムキムキかといえばそうではありません。

遼クンはまだ19歳の伸び盛りの若者です。

繊細な神経を引き出さなくてならないゴルフというスポーツでは、

一気に駆け上がろうとしても経験が第一で、それに伴いメンタル面と

技術が付いてくるのではないでしょうか。


20歳でマスターズに勝ちたいという目標はとても良い心掛けですが、

今回の全英ではメンタル面の弱さが、ミスを呼び予選落ちにつながった。

確かに「幸運を持つ若者」であることには違いがないでしょうが、時には

風となり、時には流れに逆らわない木の葉となって、ゆっくりと進むこと

が、いまは最も大切なことではないでしょうか。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

予選落ちした遼クンのコメント。


明らかなミスを減らしていかないと駄目。

自分のスイングが固まってなくて、すぐに崩れてしまう。

こういう難しいコースは自分に足りないところを教えてくれる。

経験は無駄ではない。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

このコメントを聞く限りでは、今回の予選落ちでかなり落ち込んだ

でしょうが、まだまだ期待は出来るようです。


ただ前回の全米OPでも気になったのが、ヨネックスのゼロ番アイアン。

今回解説の羽川豊プロが言っていたように、長尺アイアンでのミスは

命取りになるだけに、先輩プロのアドバイスを素直に聞き入れる「耳」

も持つべきでしょう。

ヨネックスとのスポンサー契約があっても、他のプロが使用していない

だけに気になりますね。

さぁ今日からは、唯一残った池田勇太に期待をしましょう。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR