キラキラネームの弊害

最近聞いた話ですが、小児病院の受付では読めない名前で苦労をしているとのこと。

この傾向は、小学生にも多く、教師は生徒の名前を呼ばず「苗字(姓)」で読んでいるとか

これではせっかく親が苦労をして名付けをしても意味がありません。


それにしても、名付けの専門家の私が聞いて、笑ってしまうお名前(失礼)をよくお聞きします。

それなりに両親は真剣に考えるのでしょうが、ひどい名前も多いようです。


当然それらのお名前は、姓名判断のルールは全く無視をしているわけですが・・・。

読めない・使ってはいけない漢字・運格も最悪では、果たしてその子の将来は?

多分、成人後はとても苦労をするでしょう。


厳しい就活で苦労をされている大学生にも、最近ではキラキラの方が出てきているようですが、

人事を担当されている方の話では、極力キラキラの名前の人はカットの傾向にあるとか。

その理由は、変な名前を付ける親には問題が多い統計が出ているとか・・・・。

子供時代は名前のせいでいじめにあい、大人になったら就活で苦労をする。


現在の子供にとってこれからの時代は、二重・三重の時代になるのでしょうか?

名付けは色々な意味でとても重要です。

良ければ九占舎のホームページの「名付けの注意点」を一度ご覧になってください。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR