邦画3作品「外れなし」かもめ食堂・・ほか


「かもめ食堂」原作は群ようこ


当たり外れの多い韓国映画からチョイと外れて邦画3作の感想を・・・

最初の作品は「かもめ食堂」・・・公開時から話題となった作品です。

主演は小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ・・こうくれば、コメディ?

それともシリアスな感動映画?と期待が高まります。・・・がぁ、なんと最近

疲れ気味の私にとってはラッキーな癒し系のほのぼの映画でした。


場所は北欧フィンランドのヘルシンキ。オープンしたての和食(メーンは

おにぎり)レストラン「かもめ食堂」が舞台です。

レストランオーナーのサチエ(小林聡美)のもとに、ふらっと現れた旅行客が

片桐はいり・・あてもなく訪れた場所がフィンランドで、たまたまこの食堂で

働くことに・・・

次に現れるのがもたいまさこ。親の介護生活も終わり、その疲れを癒す

ため旅行を・・でも空港ではカバンが行方不明に・・・。

この3人がおりなす「ほんわかムード」のドラマ進行が何ともいえません。

喜劇ではないのに笑えるのは、原作の良さと出演者がはまり役だからでしょうか。

お客第一号の日本かぶれな若い男の子も良いし、このお店の前主人が

美味しいコーヒーの淹れ方(おまじない)を教えるシーンも印象に残りました

久々の★★★★★(チョイ甘)の映画でした。




2作目は織田裕二と柴咲コウの「県庁の星」

踊る大捜査線ではノンキャリの刑事役で大活躍をした織田裕二が、今回は

一転してキャリア官僚役です。
どうもイメージ的には合わないのですが、なぜか出向で鄙びた漁師町の
スーパーに・・・「県庁さん」と皮肉られつつも、いずれは大願成就の
ためと頑張ります。

このスーパーで「県庁さん」の指導役にまわされるのが、パート店員ながら

経験豊富な柴咲コウですが、何も知らずに役人面を隠さない織田に  

全体的には良くあるパターンの映画ですが、織田裕二と柴咲コウフアンには

見逃せない作品かも知れません。ラストシーンはエンドかそれとも・・
か、お楽しみ

何も考えずにコーヒー(意味あり)とポテチーをポリポリと食べながら見れば

最後まで行き着くことが出来ます  おまけで★★★★☆というところでしょうか。




3作目は「間宮兄弟」です。

世情に疎い私にとって間宮とくれば間宮海峡を発見した「間宮林蔵」が

頭をよぎります。何も予備知識がなければ、あーこの映画は時代劇?と

思っても不思議はないでしょう。

特に団塊の世代にとっては。出演者を見ても知っているのは常盤貴子と

沢尻エリカくらい。

何となく記憶にあるのが、主人公兄弟の弟役。「え〜っどこかで見たな・・

○△*%$#」「塚地武雅・・・知りません。

(後でドランクドラゴンのボケ役と知りました)

誰だか判らず兄の役を演ずる「佐々木蔵之介」

どう考えても記憶にはございません(ファンには叱られるでしょうが・・・)。

テレビのドラマをほとんど見ない私にとっては、仕方がありません。

でもこのユースケ・サンタマリア似の俳優さんは良い味を出します。

どちらかといえば「オタク的な仲良し兄弟(ほとんど今はいないでしょう)」
が繰り広げる、恋人獲得作戦は笑えます 
監督は森田芳光ですから期待は裏切りませんよ〜

ダラダラ感もなくのんびりと時が流れるゆとりある作品でしょう。
江尻エリカも可愛いけど、妹役の北川景子ちゃんが存在感が抜群。

脇役として戸田菜穂、中島みゆきも出ています。

この映画の評価は★★★★☆です。
次回は新作洋画について・・・期待あれ。未公開の良い映画見つけました
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

髭のプーさん

Author:髭のプーさん
札幌市に住む九占舎の管理人「髭のプーさん」のブログです。
姓名判断で気になることや好きなスポーツに関することを書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR